« 2021年5月 | トップページ

2021年6月

2021/06/21

道明ブログ324です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか? ローオブザネックの10話目ができました。これですよ。

10

ネック様のかっての部下だったナルシービューティホスキー、彼はバーバーヤーの居城戦で死んだはずだったのですが、バーバヤーの手によって骸骨とされ髑髏ドクロ騎士になっていました。ナルシーはかって、ネック様の婚約者でした。ネック様を手に入れるために襲いかかるナルシー、雷を使う雲竜乗りで剣の達人。苦労する中、ネック様の愛天馬ペガの正体が明かされます。それは、なんと幼なじみにして共に槍を鍛えてきたペルーガでした。さてさてネック様とペガ、、いったいどうなるのでしょうか?よろしければ読んでみてくださいね。このロードオブザネックも回を重ねまして10話目となりました。単行本1巻分で第一部完結、充電期間に入ります。なんかずっと描いてきて、けっこうネック様を好きになっていたのでお別れみたいでホロりとしてしまいました。前に述べましたあるチャレンジが愛情を深める原因のひとつなのですが、そのチャレンジとはいったい何でしょうか?実はこのロードオブザネック、私の大好きな作品をオマージュしています。その作品とは!?鋭い読者にはもうお分かりですかね?そう「ベルサイユのばら」です。あの超有名タイトル、宝塚を支えたといっても過言ではないベルばら。わたくしもあの中のキャラ達が大好きでして、とくに主人公のオスカル様は特別な存在で、サイザーの一部にもなっているとも言い切れます!あの気高く凛とした姿勢と美しさ、自分なりに表現したいしたいなーと思いチャレンジしたのです。というとベルバラファンに袋叩きされて、どこがやねん!といわれそうですが、これが私なりの愛情表現なのです。宝塚と吉本新喜劇の西の夢のコラボレーション。こんな近くの関西圏にいるのにけして交わることのない二つの光と影、オスカル、アンドレのようですね。なんのこっちゃやねん!ですが、、最近、この歳になりまして自分の周りの様々なドロップアウトする作家さんたちを見ていて感じたからでしょうか?自分の子供のころに見ていて強く影響受けたかっこよくステキなヒーローたちを自分なりに再現してみたいという気持ちが強くなりました。このネック様もそのひとつですね。さてさて、次はどんなヒーローがミッチー節にされるのでしょうか?とりあえず、ネック様お疲れ様でした。皆様も読んでくださいましてありがとうございました。ではではまたまたミッチーでした。

| | コメント (0)

2021/06/14

道明ブログ323です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?ただいまご覧いただいているイラストはこの間アップした続ハーメルン85楽章後編のカラー表紙かと思いでしょうが違いますよ。単行本17巻販売のためのFC特典イラストです。これをカラーにしました。よく見ますとキャラが追加されてにぎやかになってます。スフォルツェンド隊が加わってなんかジャズみたい、ちなみにパンドラお母さんの持ってる楽器はパンドゥーラ、あったんですねーそういう楽器!。カラーの方にはこの中にはない隠しキャラも描いてますよ。いろいろやってて遅くなり申し訳ございませんでしたが17巻ようやく発売されます。それにあたりまして恒例になりました。原稿販売もやります。今回は15巻の原稿で、リュート王子のマドイ編序章でクラーリィとバトルしたりしてますね。ベース誕生秘話やトロンの女の操(みさお)作戦とかもありましたね(笑)よろしければFC覗いてみてくださいね。そのFCも新しく変わりますが、創作活動は続いていきますので読んでやって下さいね。皆様に支えられた特典原稿とかの企画も何かの形で復活できたらいいなーなんて思っております。創作といえば、もうすぐローオブザネック10話目が上がります。こちらも読んでやってくださいね。ではでは、またまた、ミッチーでした。

 

Photo_20210613190301

| | コメント (0)

2021/06/03

道明ブログ322です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか? 

続ハーメルン85楽章後編ができました。コレですよ。Photo_20210603054201

 

今回のカラー表紙リクエストのお題は「30周年」という事で採用されたのはラムネさんの「登場人物皆で30周年お祝いの演奏してるシーン」となりました。実は、このキャラクターが楽器を弾くというリクエストは複数ありまして、着順でラムネさんとさせていただきました。どうもすみませんです。ご了承くださいませ。本当は皆に楽器を持たせたかったのですがスペースに入り切りませんでしたので、そのうち魔族編、スラー編、その他とか描くかもしれませんよ(笑) この絵に追加していくのも面白いですね。ちなみにこの画面にはキャラや楽器が隠れてしまうのでタイトル等は省きました。なんかハーメルのバイオリンが小さくて落ち着きがありませんね(笑)(笑)こっちがフツーなんですが、、ライエルの名は手回しオルガンなのですが、やっぱりピアノ弾かせてあげたかったこうしましたが、それで気がつきましたが、サイザーとは同じ楽器系だったんですね。仲がいいですねー。トロコルもでしたが(笑笑) いかがでしたでしょうか?そして・・次のカラー表紙のお題ですが、次回はリクエスト最終回という事で(もう一年になるのですねーしみじみ)「フリー」にいたします。何でもいいのでお好きなことをリクエストくださいね。どんなものになるのか楽しみです。そして物語の方ですが、ハーメルを魔王から元に戻そう考えを改め戦ったトロンですが最後の時にベースjrにパンドラの箱に封印されてしまいました。しかしその思いが通じてかハーメルがトロンの事を思い出し始めました。しかしそんな時をグローリー帝国に攻撃されて捕らわれてしまいます。動けないハーメル、その前ではグローリー帝国軍の副官グロリアスがフルートの首水晶踏みつけます。それを見る魔王ハーメルの心中はいったい?さてさてトロンのマドイのラスト、どのようになっていくのでしょか?よろしければ読んでみて下さいね。 

☆そしてお知らせですが、そのミッチーFCですが、次回からは有料会員制をやめまして無料とさせていただきます。今まで皆様にあたたかくご支援頂きまして誠にありがとうございました。FCを始めたきっかけも当初、ネット漫画はめずらしく、今までのように出版社に頼らず、独自でネット漫画で活動するというチャレンジがとても心配だったのからなのですが、何とか創作を続けていけるようになりましたのでもっと広く活用させてもらおうとそうさせていただきました。わたくしの創作活動の情報は流していきたいと思っておりますよ。続ハメも新作も漫画をドンドン描いていこうと思います。よろしければのぞいて見てくださいね。ではではまたまたミッチーでした。

| | コメント (0)

« 2021年5月 | トップページ