« 道明ブログ306です | トップページ | 道明ブログ308です »

2021/01/15

道明ブログ307です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか? 2021年も開けて数日たちましたが、皆様によい年になるよう頑張りますね。年賀状もいただきましてありがとうございます。そしてできましたよ2021年初のロードオブザ・ネック5話目です。 

306 バーバヤーの使い骸骨たちに襲われるピコット峡国捕らわれていた三姉妹の末っ子ブロン姫を助けたネック・バレンティン聖翼騎士団長でしたが、その腕の中で、普段は口輪をされていてしゃべれなかったブロン姫が一言話します。「お母さん」と・・なぜかその時、口輪がありません。月の光の下ではバーバヤーの呪いが解けて首輪が外れて男の姿が元の女性に戻れるネック様と同じように・・さてさてこのピコット王宮の人々、何か秘密があるようです?よろしければ読んでみて下さいね。 新春一発目のネックさま(今のところ作品をそう呼んでます)昨年始めまして五回目となり漫画もどんな感じかわかってまいりましたが、前のブログで書きましたが、今回の物語で新たなる事にチャレンジしている、それはいったいなんでしょうか?という問題、皆様おわかりになりましたか?それを今、発表します!!それはー・・って、まあ大きい声でいうのは恥ずかしいのですが・・実は「ちょいエッチなコメディ」です!!って・・チャレンジ精神出して下ネタかい!ってかっこ悪いですが・・実は私は「ちょいエロコメ」は好きなのです。アホな下ネタはハーメルンの中でもたまに入れてたのですが、ただ、微妙なサジ加減でして、とても下品で引くのは嫌だし、軽すぎるのも物足りません。かといって今風萌え系はそんなに好きじゃないので、イメージでは大尊敬していて私に多大な影響を与えてくださった方々、永井豪先生と高橋留美子先生の中間くらいの温度を目指しております。ラムちゃんとけっこう仮面の間ってなんのこっちゃですが、そんなわけで笑えるカワイイちょいエッチなコメディをめざして頑張ります!なんか恥ずかしい宣言ですが、、ネック様どんなかわいそカワイイはずかしかっこいい目にあうのでしょうかね?今暗い世相なので楽しいものを皆様に発表できたらなーって思ってます。なまあたたかい目で見守ってやってください。そして、この物語の誕生秘話は、もうひとつのチャレンジ精神があります。その話はまた今度、話しますね。ではでは、またまた、ミッチーでした。

 

 

|

« 道明ブログ306です | トップページ | 道明ブログ308です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道明ブログ306です | トップページ | 道明ブログ308です »