« 道明ブログ300です。 | トップページ | 道明ブログ302です。 »

2020/11/18

道明ブログ301です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?「ロードオブザネック」の3話目ができました。これです。

Burogu

人間界を支配しようと企む魔女バーバヤー骸骨女王の魔の手が山間の小さな峡国ピコットにも押し寄せてきます。バーバヤーの部下の骸骨騎士がピコットの王室に迫ります。皆を庇うように王の三人娘の末娘ブロンが立ちはだかり、もうダメかという時、、白い翼が彼女を救い空中を舞います。最強の軍隊、バレンティン聖翼騎士団のネック・バレンティンが天馬ペガが駆けたつけたのです。彼はドクロ騎士を倒し皆の前で打倒バーバヤーを誓いますが、約束として「月の光の美しい夜には部屋を訪ねるな」といいます。しかし、ネックが気になる長女ゴールデと次女シルブは部屋を覗いてしまいます。そこで見たものはー?」その続きです。2話目のラストでなんと実はネックは女の子だったの?という話を受けての表紙です。でも、ドクロ騎士に甲冑斬られた時の肌けた姿態は男でしたよねー?一体どうなっているのでしょうか?このお話でネックの秘密がわかりますよ。キャラが立ちますのでよろしければ読んでみてくださいね。ちなみに絵が丁寧できれいと褒めていただけるのは大変うれしいです!ですが、続ハーメルンは手を抜いたいるつもりはぜんぜんないですよ。同じ以上に頑張って描いているつもりですが、、そう思われないようにがんばりますね。両方おもしろがって頂けたら嬉しく思いますよ。ちなみにこの「ロードオブザネック」のタイトルですが、最初は、首は暗いイメージだからどうだか?と意見がありまして調べてみますと 「そこがポイント」とか「重要」とかいい意味もあるのですが、「弱点」とか「厚かましい」とか負のイメージもあるようでして、だからかあんまりキャラの名前に使われないのかな?っと思いましたが、このネックさま、重要だったり、弱点も抱えてたり、厚かましいのが一緒にいたりするからまあ覚えやすいしいいかな?で決めました。ROAD道にも首が入ってますし、道明もね。LORDは主ですが、どっちでも面白いですかね?その他の候補はズバリ「バレンティン聖翼騎士団」でこちらでもよかったのですが、美しくカッコイイ漫画を期待する人に悪いかな?と思いやめました。今、キャラ描いていて楽しいです。ネック様はそうなんですが、ゴールデ姫とシルブ姫のカラミがAHOっぽくてネック様を攻めてる所なんか気に入ってます。わかってると思いますが、三人の名は金銀銅です。バーバヤーは東欧の伝説の魔女バーバヤーガからです。また、裏話話しますね。ではでは、またまた、ミッチーでした。

 

|

« 道明ブログ300です。 | トップページ | 道明ブログ302です。 »

コメント

スタジオロードライトってRoad(道)Light(明)って意味だったんですね
今頃になって気付きました
DEATHNOTEのエル=ローライト(L Lawliet)から取ったのかなと勝手に予想してます🌸

投稿: moon | 2020/11/22 00:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道明ブログ300です。 | トップページ | 道明ブログ302です。 »