« 道明ブログ296です。 | トップページ | 道明ブログ298です。 »

2020/10/01

道明ブログ297です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?あんなに暑かったのに突然涼しくなり、いきなり秋らしくなりましたね。急激な気温の変化に皆さまお体壊さぬようご自愛くださいませ。そんな秋です。続ハーメルン83話できましたよ。これです。

83

今回のリクエスト表紙はリュート王子、ようやくストーリーとあまり関係ない表紙になりました。pネーム、オル・ゴールさんの 「果物狩り(季節的にぶどう狩りでしょうか。りんごもいいですね)に出かけるスフォルツェンドファミリー。リュートとフルートとホルン様。護衛に付きながらも楽しむクラーリィ」になりました。sファミリーがぶどう狩りするカラーは自分的にはぜんぜん考えたことはありませんでしたが、創造してみたら楽しい!とったり頬張ったり、本当だったらリュートもホルン様もいないし現実にはないのですが、、みんな仲良く家族の休日でいいですね。でも護衛につきながらも楽しむクラーリィじゃなくてこーゆー絵柄だとまたまたハーメルとひと悶着させてしまいます。すいませんです。私も季節感がとても好きなので描いていて「あー秋だなーいーなぁー」としみじみしました。本編の方ではなかなかカラーにならなそうなワンシーンですがいかがでしたでしょうか?原画の方はリクエストして下さったオル・ゴールさんに差し上げますね。そんなわけで次回のお題ですが、リクエストであったものでいいなーと思ったのですが、時期もいいですねーハロウィーンもありますしこれも季節ものか?、ズバリ「魔界軍王」です!しかも趣向を変えまして4コマ漫画にしたいと思います。どんな軍王がどんな事してくれるのでしょうか?リクエストお待ちしておりますね。  さて物語の方ですが、幽霊のようになり、北の都を彷徨い続けるフルート、ここは悪夢世界か?マドイの延長なのか?そのせいなのか?更なる魔の血を高めたか?重々しく威厳の上がったハーメルと再会しました。しかしハーメルにも、ほかの魔族にも、自分の事は見えず触れられず、その道程を見守る事しかできない状態。悲しみにくれながらもなんとかしようとしているフルートに気づく者がたった一人いました。それがあの、サイザーの精霊ワルキューレの8番目の皇女ロスワイセだった。という話の続きです。はてさてフルート、ただのヒロインがなかなかならないとんでもない目にいろいろあってますがどうなるのでしょうか?よろしければ読んで見て下さいね。ではでは、またまたミッチーでした。毎日ぶどう食べてまーす。もうすぐりんごの時期ですね

|

« 道明ブログ296です。 | トップページ | 道明ブログ298です。 »

コメント

渡辺先生こんにちは
第83楽章読みました
すごくおもしろかったです
前作の第83楽章ではヴォーカルに花嫁ドレスを着せられ
手に鉄鎖を付けられて引きずられていたフルートが
続編の第83楽章ではベースjrに体をゾンビにされて
黒いドレスを着せられ幽霊の方は首に首輪を付けられ
ロスワイセに連れ回されてる・・・しみじみしますね。

投稿: のんびりぶどう農家 | 2020/10/01 17:39

ぶどう農家さんのコメントを見て前作の83楽章を読んで来ました。
確かに83楽章はフルートが初めてドレス姿になったシーンでした。続編の83楽章とリンクさせたのなら、先生が前作と続編、共に大切にして執筆されているのが分かってとても嬉しくなりました。
前作の83楽章といえば物語も佳境に近付いた頃ですね。
続編もそうなのかと次のお話がとても楽しみです。
でも前作と同様、37巻越えまでまだまだ続いて欲しいと思っています。

投稿: moon | 2020/10/15 08:10

83楽章の25ページ目にセリフの誤記がありました。
82楽章では23ページ目で誤記がありました。
最近セリフ誤記が多い気がするので更新前の確認作業を大事に
された方がいいと思います。
83楽章の感想ですがベースJrがフルートのバラバラだった体を
つないでやるシーンが1ページしかなかったのは
口惜しかったです。
続ハメではフルートのドキドキシーンがあまりないので
ページ数をかけて水晶から戻すあたりからこだわって
描いてほしかったです。
コミックスでは追加ページで描かれて欲しいです。

投稿: 御意見無用 | 2020/10/18 16:43

ブログ89のハーメルとフルートの表情がとても切なくて大好きです。

このシーンはコミックスには載っていなかったので、ハーメルとフルートが今の困難を乗り越えたら、またこういったシーンを書いて下さると嬉しいです。

投稿: moon | 2020/10/23 06:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道明ブログ296です。 | トップページ | 道明ブログ298です。 »