« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019/12/17

道明ブログ275です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?今年ももう後2週間弱、暮れも迫ってまいりましたね。いやー早いですねー。ただでさえーなれない作業をしていまして進まない仕事のペースにヤキモキしているところです。この忙しい時にィー変なトラブル続発するしー、作ったコミスタ作品の写植フォントがバグって全て消えたり、全ページ、レイヤー順序バラバラになって保存されたりー、液晶タブレットがなぜか初期化して慣れたシステムやデータ全部なくなったりーで、もう堪忍してくんなはれって感じです。例えるなら、スピード落としたら爆発する乗客満員の超特急の中でひーひーいいながら爆弾処理していてトラブル続発って感じるですー!そんな年末ですが、いつもならこの時期に、「続ハーメルンの単行本発売の告知をしてますが、どうなりました?」 と、皆さまから質問を受けました。すいません、今回ちょいと遅れていまして、来年の2月末くらいに出せたらいいなーと思っておりますよ。その続ハーメルンですが、、75楽章を書いていて思ったのですが、まだ読んでいない方にはネタバレでなんですがー、クラーリィを助けたのがなんとクルーセイダーズの幼なじみのサックスたちで、しかもそのクラーリィと楽しくやっていた少年時代の姿で、その時期は、リュートがベースに囚われ3ー4.5年で冥法王化し人類軍を滅ぼしている頃、一度だけスフォルツェンドのある大陸に来た、それがあのパンドラ母さんが水晶にされたあの皆殺しのアンセム・・という事ですが、、ズバリクラーリィとハーメル、フルートたちっていくつ年齢離れてるのでしょうか?その頃、、3ー5年くらいだったらフルートは3ー5歳、リュート王子と遊んでいた頃のクラーリィはあの時の雰囲気が保育園の年長くらいだったら、10歳くらい??ハーメルは7歳くらいかな?ハーメルはそれくらいで母と離されて、サイザーはそれくらいからものをいわぬ母と会い、ウソを言い聞かされ魔像を造り上げてきたのでしょうか?その前の心幼い時、ライエルとあったのかなー?それと、とんでもない事に気づいたのですが、、リュートが捕らわれた第一次スフォルツェンド大戦で、クラーリィのお母さんがドラムら魔族によって殺害されましたが、、それより後にはコルネットが生まれてないとしたらーコルは、、フルートをお姉さまーっていってるけど、実はあんまり年の差がない!!3ー5年くらいは離れていると思ってたけどー、それともクラーリィの父ちゃんの新しい母の子なのかー?いやいやー本間にクラクラしてきました。禁断の扉を開けてしまったのかしら⁇ ちょっと疑問定義ですが、何分わたくしは数字オンチなのでよく分かってなくてすいませんです。どなたか、なるほどっ!!って解答がございましたら教えてくださいね。いいかげんでごめんなさいです。いいかげんついででなんですがークルセイダースの子らって、サックス以外名前出てませんよねー?ドキドキ・・   ではでは、マタマタ、ミッチーでした。

Photo_20191217105501

| | コメント (2)

2019/12/02

道明ブログ274です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?気が付けばもう師走、今年も後一か月ですねーひゃー速いー今年もいろいろありましたけど いやーしみじみしますねー。昨年は体の調子が悪かったりヘコヘコでしたが、今年は持病などもかなり良く、大腸好調なので嬉しいです。何やらようやく体とのおつきあいがわかってきたみたいでして、ある種のアレルギーなのか、辛い物とチーズバター等の乳製品を食べないと体調がいいみたいです。どっちも大好きなんですけどね。私の人生のレシピの中からカレーとピザが消えた!シクシク。、まあジョコビッチもパン食べないでがんばってるみたいなので私もやりますね。さてさて、そんな師走ですが、続ハーメルン75楽章ができました。これです

5
時の鐘城のマドイの部屋へ入ったフルートとフルート姫、そこは第一次スフォルツェンド大戦、ベースにリュートの魂を奪われるところであった。しかし、リュートの肉体と魔力はベースの支配を拒み抵抗していた。その苦しみを初めて知ったフルートたち。《マドイ》の中で満足いかず逝ったリュートのカケラを見つけることができるのか?謎の鐘城の案内人、ベルの後ろにフルートがやってまいりました。フルートは《マドイ》で苦しんでいてかわいそうなのですが、フルート姫とポカスカやってます。この二人のき妙な怒付き合いは描いてるの好きなんですけどね。がんばれ!フルートたち!!  よろしければ読んでみてくださいね。さてさて、来年はやることをやりますよ。新作も上げようと思ってます!!、今年、スパートです。ではでは、またまた、ミッチーでした。

 

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »