« 道明ブログ272です。 | トップページ | 道明ブログ274です。 »

2019/11/18

道明ブログ273です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?11月に入って雨の時期が終わったのか空気がヒンヤリしてきて、紅葉の葉もハラハラと落ちてきまして何やら物悲しい季節になりました。センチになるといえば、ただいまのフルートの状況もとても物悲しい事になっております。今、リュートの知らなかった記憶の中、惑い(マドイ)で隠されていた現実と向き合い、あまりの真実に涙しています。フルートは本来は、明るく、ハーメルのアホないじめにもめげず、笑顔が気持ちよく、人の心を受け止めてくれる優しい子です。そんなフルートがこのマドイでリュートの満足していないカケラを拾ってくれる事を祈りながら描いています。ですが悲しい顔ばかりなので自分もとても切なくなるのです。 ちょっと話がそれるのですが、、皆さまから「こんな曲がいいですよ」とか紹介してくれたりします。それはクラッシックや洋楽やJPOPやら様々なのですが、、自分が、THE YELLOW MONKEY好きだというと、「この曲、ハーメルたちに合います」とか、今リュートを振り返って書いていますと、Gackt がイメージですよ。とか、聞くとなるほど!って感じだったり、HYDEなんかめっちゃファン何ですが「魔界軍王のベースっぽい」とか紹介されますと、そうそうその通り!!とか思ってたりします。そして、皆様にばかり紹介されているので、自分もハーメルンの中でこの曲誰々っぽいな、と思うものがいろいろあリますのでお伝えしようと思います。それがただいま言いましたフルートのイメージの曲なのです。古い曲なのですが、ゴーバンズの「8月のdiary」という曲です。ゴーバンズは明るく楽しい曲が多くて森若さんのパワフルで軽快でコミカル声はハーメルンのイメージでして、TVアニメは内容が自分のものと違ったのですが、原作と同じだったら、OPは「ざまあカンカンTVショー」にしてほしかったなーとか、EDは「プリマドンナはお好き」にしてほしかったなー、とか、歌詞の「ねぇ、生命線が短いの私、今のうち会いにいかなきゃ、イエイイエイイエイイエイイエー」で、フルートはハーメルのバイオリンで踊らされまくらないかなーって思ってたりしてました。歌もリズムも歌詞もとにかく素晴らしいのですが、その「8月のdiary」は明るい曲とは違ってしっとりしたバラードでして、歌詞がとにかくフルートの心のイメージっぽい!!「笑う事もいつか覚えたけど、、私の影、別の人みたいね、、」で最早釘付け、「ずっと遠い空を見ていた日は、きっと、涙だって素直に輝いた、きっと、、」からはもう自分の中であああっフルートです。コレ!!って感じでして「ラブソング彼方の歌うラブソング~」はそりゃもうハーメルのバイオリンですわ。「誰にだってこんな日もあるわ、私だって特別じゃないから、きっと」は、ハーメルを治せず苦悩するフルートで、「時計を巻きもどさずに~」や「彷徨うけれどもう振り返らない」は時の鐘城でリュートのマドイを振り返ってる事や北の都へのハーメルへの反語って感じです。今、続ハーメルンを制作しながらこの曲聞いて泣きながらペン入れしておりますよ。皆様も機会がありましたらご視聴してみて下さいね。頭の中で、ネットに上がってる皆様の上手なイラスト等をこの歌詞のところかな?ってイメージしたり、アニメにしたりして動かしてまーす。暇があったら自作できるのにー。     それでは、またまたミッチーでした。  
3144px_20191118100601

|

« 道明ブログ272です。 | トップページ | 道明ブログ274です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道明ブログ272です。 | トップページ | 道明ブログ274です。 »