« 道明ブログ261です。 | トップページ | 道明ブログ263です。 »

2019/06/15

道明ブログ262です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?うっとうしい梅雨の時期に入りまして嫌な感じの日々が続きますが、今年も、私のミッチーFCや特典、原稿の購入等、申し込み頂きましてありがとうございます。いつも手にとってくださる方、はじめての方、皆様のありがたい熱意が心の底まで染み入り、とてもはげみになります。これからもコレ以上に特典も原稿も精一杯頑張って描きますね。その気持ちをこの二人に代弁して頂きました。
Michiburo2623psd
原稿といえば、今回の外伝読んでいただけたでしょうか?前回のブログで出番が減ってしまったのでライサイの学園ドラマにでもしようか、と簡単に考えていたのですが、(ライサイも描いていて楽しくかわいいのでこれからも描いていきますが)書いてみたらまったく別物の重要なお話で、ハーメルの心の底の叫びが出てきました。そしてその叫び「おいってめーいーかげんにせいや!そろそろ出せい!!」に、火がついたせいか今度発売される14巻の加筆やただいま製作中の続ハーメルンもですが、これからは、いよいよハーメルとフルートを挙げていこうと思います。ハーフル強化年間です!! 今までのアレ?どーなってんだ?っていう伏線もどんどん消化していきたいと思いますよ。、、ですが、相手が曲者バラライカなので横槍が入りまくり!どーなるのか自分でもちょいと自身がありませんが、、取り敢えずハーフルかと思ってたら、クラフルみたいになっちゃったりしてますが、頑張ってやりますね。そしてこの前々のブログで私の熱意が暴走していたアベンジャーズに関してのご意見もありがとうございますね。おかげで世界歴代興行収入をあっさり抜き、しかもそれにこだわらずあっさりロードショーを終えて次へのさらなる研鑽にひたすら走るマーベルコミックにはただひたすら頭下がり下がりです。取り敢えずはヴェノムを見て、今月末封切りの新たなるアベンジャーズシリーズのスパイディ(修正しました😂)がとても楽しみですよ。      それではまたまた~ミッチーでした。

|

« 道明ブログ261です。 | トップページ | 道明ブログ263です。 »

コメント

最新刊がやっと届きました!
先生のハーフル宣言涙が出る程嬉しくて言葉になりませんでした!
素敵な作品をありがとうございます✨

投稿: ゆみる | 2019/07/02 17:17

ブログを本当に更新して下さっていたので心臓止まりそうでした。
嬉し過ぎて泣いちゃいました。
本当に夢みたいで。
ずっと憧れていたみっちー先生とやり取り出来るなんて、、当時の私からしたら思ってもみない事でした。
みっちー先生はみんなのもの…!
だけどハーフル強化年間発言とても嬉しかったです。
胸がいっぱいでコメント出来なかったのですが新刊が届いたこのテンションのまま勇気出して書き込みました…!

投稿: ゆみる | 2019/07/02 17:59

親愛なる 渡辺道明先生へ


いつも先生に何からお伝えをしていいのか迷ってしまいます。

途中まで書いてはレターセットの前で鉛筆を何回も置いてしまいました。


もっと面白くなって欲しいなって願えば願う程、伝えたいことは沢山あって、でも先生には楽しんで、ずっと笑顔で漫画を書いて欲しい、それが本当の願いです。

でもそう願うと、もう何もお伝えするべきじゃないのかなとも思ってしまいます。


言葉で伝えて、それに縛られて先生の手が止まってしまうのは本当にとても怖いです。

なので、ここからただの感想だと思って読んで下さいね。

私がハーメルとサイザーの仲を気にしてしまうのは自分には兄弟、姉妹が居ないせいなんです。

他人とは目に見えない心っていう不確かなもので繋がるのに対して、血縁者同士はDNA、先生がよく仰る『血』という確固たるもので繋がって結ばれて居られるから。


でも幾らフルートの目線で読むとは言え先生が創るフルートはその事で嫉妬なんてしない子だろうに私個人の人生観を重ね合わせて読んでしまいました。


もし続ハメでハーメルとフルートの間に新しい子が生まれる事があるなら今度はハーメルとフルートの容姿を半分ずつ受け継いだ子供が見たいです。

髪色はフルートで髪型はハーメルの女の子とか…。


私がフルートは強いって言われてる中、儚さも持っているよね、って主張するけど賛同してくれる方は1人もいないんです。

メールでフルートは強さの塊っていう意見を長文で送って来る方はいたりします。


フルートは明るくて思いやりのある、でもハーメルに関する事だと凄く繊細な女の子という印象で読んでいました。


繊細な女の子という印象のシーンを書き出してみます。


スフォルツェンドに着いて『何がお母さんよ!私の子よ!』と、3日間部屋にこもってベッドで泣いて出て来なくなった時。

バイオリン直してあげて…窓から馬車に乗るハーメルを見送る時。

スフォルツェンドで『お母さん』と呼ぶ前に『お………お……』って過呼吸(?)気味になっていた時。

スフォルツェンドの大戦後ハーメルと別れると思ってずっと泣いていたけどハーメルの傍に行っていいよってホルン様の言葉の瞬間に笑顔になる。

そのシーンは強さよりもハーメルへの愛しさで泣き止んでいるって印象です。


コルネットの魔法修行はホルンお母さんの『あの子は優しい子…だから』って水晶越しのホルン様の言葉に立ち直って何かしら助けの手があった後に泣き止んで本当は繊細な子なんだけど必死に頑張っているって印象でした。


スフォルツェンドへ帰れーーからの『私もうダメかもしれない』『いいんだ私なんて…死んじゃえば良かったんだ』って台詞も、いつも笑っているフルートの隠された弱い部分が露呈されて印象に残っています。


スコア編後はフルートとハーメルの2人の仲が大幅に進展したシーンは無くて『いいな、ライエルとサイザーいつの間にか仲良くなってる…私とハーメルなんかは前とは…余り……』って台詞にあるようにフルートはハーメルに深く愛されていることを知らないと思います。


私がフルートだったら『寂しいな、満たされないな、あなたの気持ちをもっと知りたいな、でもあなたが言葉にしたくなるまで、ずっとずっと待ってるからね…』って気持ちです。


続のフルートは自分がハーメルに愛されている事も当たり前の様に知っているし、そして愛されることが空気のように慣れてしまっている印象です。


先生が今創ったフルートに少しずつ私の気持ちもフルートに取り入れて下さったら嬉しいです。

前回ベースリュートイメージの音楽を紹介させて頂きましたが、以前送ったGacktさんのアルバムから

『BirdsCage』
https://youtu.be/T9BQn66LLS8
この曲はベースリュートのイメージだと先生が仰っていたので改めて聞き直してみたらリュートのスフォルツェンドやフルートへの想いがヒシヒシ伝わって来て、リュートも素敵だなと思える様になりました。


また素敵な曲を先生におすすめしたいと思います。

be perfect, plz! 『慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜ED』
https://youtu.be/jF--7B1MI90

こちらはフルートのイメージにピッタリだと思いました。

フルート目線でハーメルを愛すのはもうやめようと思った時にこの曲に出会って気付けば10回もリピートして涙が流れていました。

私もこんな風に慈愛いっぱいの女性になりたいです。

そう思うとこのメールを送るべきなのかそうじゃないのか迷ってしまいます。


ごめんなさい。

少しでも先生の糧になれますように。

投稿: つきのうた | 2019/10/21 04:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道明ブログ261です。 | トップページ | 道明ブログ263です。 »