« 道明ブログ258です。 | トップページ | 道明ブログ260です。 »

2019/05/26

道明ブログ259です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?今、こんなものを描いてみました。といっても前に描きました原稿をちょいといじってみたのと没になったものを付足したものです。でも、あれれ?なんでこんなシーン?クラーリィ何いってんの?悪夢世界は意外な感じのシーンが多いけどこんなのないだろ!って感じですが、、実はこれは今回のファンクラブの特典商品用に例として作り出したもので、それは何かといいますと、「あなたの創造したキャラ同士のこんなシーンを描きます、、」いうものです。前の特典のコマギャグ漫画を描いていたとき、ギャグがあるならシリアスも面白いのでは?と思いつきまして、シリアスをコマ漫画に、、という企画です。たたギャグは4コマで落とせたりするので1ページ漫画も描けるのですが、シリアスは落とせないのでシーンを切り取った感じです。その代わりイイシーンや決め絵になりやすそうなんで、この商品は原稿2枚の見開きにしてみました。特典のご希望イラストを見開きにして漫画を入れたモノって感じですかね。まさに、特典イラストとコマギャグ1ページ漫画のコンセプトの融合ですね。皆様のご希望ですので本編にないシーンでいいです。例えば、えーつ?ハーメルがまじめに子育てしてるー!?とかリュートがあんなことしてるー!?とかヴォーカルがあんなキャラとあんな事にー!?とか有り得ないのOKです。これなんかクラーリィがバイオリン弾いてフルートに詰め寄ってますしねー。ただあんまりアダルトなのはダメでして軽い表現ならよいでしょうかね?それと、この特典企画の申し込み時期をブログで発表してくれないか?いわれていたのですが、すみませんがシステムの事なのでこちらからはできないのでFCページで確認してみてくださいね。その他にもいろいろありますよ。恒例の原稿販売もやります。今回は12巻、断罪の天秤のクライマックス、サイザーオカリナとワルキューレたちのあらましがありますよ。ライエルのアレもあります。いかがでしょうか?よろしければ覗いてみてくださいね。ではではまたまたミッチーでした。

Mitiburo259

|

« 道明ブログ258です。 | トップページ | 道明ブログ260です。 »

コメント

最初に拝見した当初は分からなかったのですが
このサンプルって先生もお弾きになるバイオリンをクラーリィに持たせるって事は自分はクラーリィになってクラフルファンの読者を愛でたい願望の表れなのかなって思いました。

ハーメルが鬼畜外道過ぎて、ハーメルが相手だとフルートが幸せになれない、フルートを幸せにしてあげたいからこそハーメルじゃなく硬派なクラーリィで創作するって意見を目にしました。

同じハーメルンのバイオリン弾きという作品を好きな点は一緒かもしれませんが、

でもそれってハーメルを愛する努力を、理解する努力を疲れて放棄してしまったって事ですよね。

私はハーメルが意地っ張りだったり、愛を伝えるのが不器用だったり、何を考えてるのか分からなくても、ハーメルの本当に伝えたかった事、伝えきれなかった事がもっと知りたくて作品を読んでいます。
ハーメルってキャラクターが大好きです。


クラフルファンの方と交流する機会があって、どの方もとても心優しく、先生がこんな素敵な人の為になら応えて書いてあげたくなる気持ちが深く理解りました。
夢世界はクラフルに始まってクラフルで終わってもいいんじゃないですかね…って思える程に。

けれど落ち着いて見守っていられるのは今のストーリーの現状が自分の好きなキャラクター同士だからも理由にあると思います…。


こんなに作品が好きなのに伝わらなかった事が悔しいです。
悔しいので私も見守ります。

投稿: つきのうた | 2019/10/26 03:46

何度も何度も投稿してしまってすみません

大切な事を忘れていました。
ハーメルの心の叫びの外伝があったこと……

それを思ったら本当にこれ以上何も望まなくていい、十分幸せだし、これからどんな展開になってもいいと心から思います。

ハーメルの心がずっと知りたかったんです。
読者の夢を叶えて下さって本当にありがとうございます。

投稿: つきのうた | 2019/10/26 19:28

いつも長々とコメントしてしまい大変申し訳ありませんでした。
辛辣で辛口な口調で本当に申し訳ありません。

いつも書いた後に読み直しては『どうしてこんな書き方しか出来ないんだろう、どうしてこんな伝え方しか出来ないんだろう』と自己嫌悪に陥ります。

ハーメルがフルートに対してどの様な想いを持っているのか『好きなのかな?嫌いなのかな?』とずっとハーメルの気持ちを知りたくて、ハーメルンを読んで来た所がありました。
外伝では『フルート!!』と最後まで名前を読んで、ハーメルのフルートに対する深い想いを知ることが出来て、フルートは本当にハーメルに愛されていたんだな、と理解る事が出来て本当に嬉しく思いました。

そういった意味合いでブログコメントは書かせて頂きましたが、言葉が足りない様でしたら申し訳ありません。
ハーメルには早く笑顔になって、以前の様な勇者に戻って欲しいと思っています。

このコメントの仕方だと『ハーメルが泣き叫ぶことが望み』だと捉えられてしまったのかな…と心配になりました。

ハーメルの心の叫びの外伝、と上記に書きましたが、ブログ262で先生が『ハーメルの心の底の叫び』と明記していたので、そのまま引用しました。

そこだけは本当に誤解をして欲しく無かったです。

ハーメルの『ボクを愛して…』と苦しんでいるシーンを見るとこちらも胸が苦しく、痛くなります。

早くハーメルが幸せになりますように…。
そして、先生も幸せになって下さいね。

投稿: つきのうた | 2019/11/09 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道明ブログ258です。 | トップページ | 道明ブログ260です。 »