« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019/05/30

道明ブログ260です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?特典の応募をブログで教えてください。メールでいただきましたが、具体的にはいえないのですが、、そろそろ始まるそうですよ。ちなみにこれは来月発表の続ハーメルンの続きの原稿です。外伝のつもりで書いていたのですが・・・いやいや続きはまたまた、ではではまたまた、、ミッチーでした。   
Mitiburo260  

 

| | コメント (1)

2019/05/26

道明ブログ259です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?今、こんなものを描いてみました。といっても前に描きました原稿をちょいといじってみたのと没になったものを付足したものです。でも、あれれ?なんでこんなシーン?クラーリィ何いってんの?悪夢世界は意外な感じのシーンが多いけどこんなのないだろ!って感じですが、、実はこれは今回のファンクラブの特典商品用に例として作り出したもので、それは何かといいますと、「あなたの創造したキャラ同士のこんなシーンを描きます、、」いうものです。前の特典のコマギャグ漫画を描いていたとき、ギャグがあるならシリアスも面白いのでは?と思いつきまして、シリアスをコマ漫画に、、という企画です。たたギャグは4コマで落とせたりするので1ページ漫画も描けるのですが、シリアスは落とせないのでシーンを切り取った感じです。その代わりイイシーンや決め絵になりやすそうなんで、この商品は原稿2枚の見開きにしてみました。特典のご希望イラストを見開きにして漫画を入れたモノって感じですかね。まさに、特典イラストとコマギャグ1ページ漫画のコンセプトの融合ですね。皆様のご希望ですので本編にないシーンでいいです。例えば、えーつ?ハーメルがまじめに子育てしてるー!?とかリュートがあんなことしてるー!?とかヴォーカルがあんなキャラとあんな事にー!?とか有り得ないのOKです。これなんかクラーリィがバイオリン弾いてフルートに詰め寄ってますしねー。ただあんまりアダルトなのはダメでして軽い表現ならよいでしょうかね?それと、この特典企画の申し込み時期をブログで発表してくれないか?いわれていたのですが、すみませんがシステムの事なのでこちらからはできないのでFCページで確認してみてくださいね。その他にもいろいろありますよ。恒例の原稿販売もやります。今回は12巻、断罪の天秤のクライマックス、サイザーオカリナとワルキューレたちのあらましがありますよ。ライエルのアレもあります。いかがでしょうか?よろしければ覗いてみてくださいね。ではではまたまたミッチーでした。

Mitiburo259

| | コメント (3)

2019/05/20

道明ブログ258です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?アベンジャーズ・エンドゲームを見てきてからずっとあのヒーロー登場の主題歌が止まらないので、またまたこの間の続きを書きますね。続いてのヒーロー部門、バディ系コンビ部門です。それは、マイティソーの無敵の雷神ソーと裏切りの神ロキの神様兄弟コンビ!! このふたりはとにかくかっこよいし笑わせるし泣かせる最高の二人です。イケメンモテモテで、フエロモン駄々洩れで、行く所々で女性をメロメロにし、雷ハンマー ムジョルニアでイカズチを放ち、振り回しては空を飛ぶ!最強の自信家の兄と、そんな王の風格たっぷりで自分より優れているモノをいっぱい持っている兄を妬んで許せず、常にだれかに認められたく卑怯な限りをつくす弟。でも実際には、お互いがいないとダメで、二人が絡み合い、気になり、衝突し、ケンカを繰り返してないと自信がなくなり、激貧相でションボリになってしまう。千五百年も生きてるのにまるで子供の張り合いダダッコ兄弟。本当は兄は弟に愛されたい、弟は兄に認められたいという関係で、その歪んだ兄弟愛で世界が巻き込まれ、地球は大迷惑!人類親衛隊シールドのエージェントコールソンたちも、壊すわ~病気巻き散らかすわ~神信者の狂信暴走だわ~金儲けする悪党どもの暗躍だわ~と、尻ぬぐい等々に大涙目です。でも世界中を夢中にする愛すべき迷惑で最愛の兄弟、超おもしろいです。バディもの超おすすめ!!そしてチーム系ではこれはもう文句なしの、みんな大好き、僕らの「ガーディアンズ」です。地球人の母と惑星の神の父の子なんだけどお馬鹿でお調子者でオレ凄い!っていつもアピールしてる割にはみんなにコテンパンにされるスターロード、ピータークイール!!宇宙最大の敵サノスの娘で怖い女のガモーラ、改造生物で天才的科学者だけどめっちゃ口と性格が悪く、でも見てくれはとてもかわいいアライグマのロケット、木の生物で「僕はクルート」としかしゃべれないお年寄りだったり、おばかな赤ちゃんだったり、反抗期のひねくれ者だったりしたヘンテコなクルート、暴れん坊で最初は刑務所星の囚人のボスで凄みがあったけど、ふたを開けたら何も考えない筋肉馬鹿の特攻野郎のドラックス、人の心がわかり優しく気が弱いけど妙におかしいマンティス、姉と戦っては凶悪紫ゴリラ親父のサノスに肉体改造されて姉ガモーラと父を恨みまくっているサイボーグの妹ネビュラ等々、とにかくくせ者だらけの宇宙暴れん坊チーム!!皆お馬鹿で陽気で明るい!!悪いことばかりやってるけど宇宙も守る!というーなんてーか体育会系工業高校キャラでとてもお馬鹿でイカス!!でもその明るさの裏側には、皆生い立ちが暗く、宇宙に捨てられて人買いに育てられたり、親が絶対殺戮主義者だったり、そいつに妻と子供と惑星滅ぼされたり、改造生物で身内がいなかったり等、寂しさの裏返しで皆明るく、家族のように支えあってるという泣けるけれど持ち前のパワーで重いところを弾き飛ばしてるナイスなチームなのです。こいつら行くところ必ずなにかあって超楽しい!!アベンジャーズ外伝的で、離れてみても単品としても凄まじくおもしろいです。超々激おすすめ!!その他の映画のキャラにも、成長期待度ナンバー1のかわいくて頼りないけど一生懸命でドジで軽くて等身大のヒーローで入りやすくて愛しやすい!ロープアクションめっちゃカッコイイ!!ピータ少年のスパイビーとか、アントマンなんかお馬鹿でおとぼけの頑張り屋でいいお父さんでめっちゃ愛せるー!とか、ティチャラ、ワカンダ誇り高くて激かっこいいーフォーエバーとか!!ドクターストレンジ魔法すげーイカスー!!サムもバッキーもナターシャーもハルクもクリントもワンダもビジョンもみんな大好きだー!!まだ付き合い浅いけどキャプテンマーベル、地球背景にピカピカ光ってて戦艦に突っ込んでゆくって、、ドラゴンボールですか!!って感じでかっこいい!!と、、本当にキリがないです!!そんなわけでして、おもしろカッコイイキャラが渋滞してます。なんてぜいたくで最高のエンタメコンテンツなのかって感じです。敷居が高そうだけどちょいと入るともう夢中で、あなたが気に入るヒーローは必ずいて、めっちゃ惚れてーラストには最高の感動がありますよ。まだご存じでないお方、今からでも遅くない!お勧めです!!自分も漫画書いてるので、この作品の足の爪のカスにも及ばないですがーこんな風になりたいなーと憧れのつもりで書いておりますよ。エンドゲームのあのシーンで、ゴッドブレスゲートを思い出す!とコメントいただきました。めっちゃ嬉しーです!!ありがとー。アベンジャーズ最高!! ラブ、スタン・リー!!ぜひ見てみてね!!!           ではでは、またまたミッチーでした。   

Jpg8_2

| | コメント (2)

2019/05/07

道明ブログ257です。

令和年号切り替えの長いGWが終わりましたね。そのGW中に私は長年ずっとずっと大大大好きで追い続けてきました映画アベンジャーズ・エンドゲームを見てまいりました。ただいま世界中で超特大ヒットしていて上演が始まってから10日ちょいだというのに興行収入が歴代一位を超える勢いですが、それは納得!これはもうただただ素晴らし過ぎてる大作品!!もう、あーだこーだ批判できるレベルは超人的に超えてまして、ファンの皆さんがネットなどで語っておりますように「ただただありがとう」と映画製作に関わっている方々全てに感謝したい大げさではなく歴史上最高の名画です。自分は漫画制作する上でかなりの映画を見てきましたがこれを超える感動はおそらくこの先は出ず、もしあったとしてもたぶんアベンジャーズシリーズだろうなーと思えるくらいでした。とにかくカッコよすぎて切なすぎて数えきれないほど胸を打たれて涙が駄々洩れして止まりませんでした。内容はネタバレはまずいのでいいませんが、この映画はマーベル社のアメコミヒーローたちを映像化したもので有名なところで「キャプテンアメリカ」「スパイダーマン」を筆頭に様々なヒーローがいましてそれらのタイトルが何十とあり、どの作品もすべて妥協せずものすごくおもしろい作品にして、しかもそれらをすべて伏線にして10年かけて描き続け見事伝説にし大完成させた大作です。まさに巨大な天井画のごときです。映画世界遺産といってもよいでしょう。作品の中には究極のバトルロマンだけではなく、様々な問題、貧富格差、人種差別、民族紛争、国家政治社会批判などをしっかり取り上げていて、それらから逃げずしっかり真っ正面から取り組み、とても上手にエンタメ化していてとにかく凄すぎて頭が下がりまくります。褒めたら本当にきりがないくらいです。そのどのキャラも好きなんですが、あえてその中でも超お気に入りを部門別にのべますと、まずは理想のヒーロー的には「キャプテンアメリカ」!!彼の頑ななまでの正義を貫く孤高の意志が死ぬほどステキで、どんな酷い目にあっても、仲間に誤解されても、離れても、嫌われても、馬鹿にされても、やせ我慢して己の主義のため戦う姿勢は、まさに人生の経典です。空を飛んだりカメハメ波系を放つヒーローが多い中で、盾を構えて地を全力で疾走する姿が不器用だけど一生懸命さ全開で伝わり、めちゃくちゃカッコイイ!!本当に大好きです。映画館でも普段の生活でも生きづまったら「うおーっきゃぷてん~!!」と何度も吠えてしまうくらいです。見習いたいですね。そしてキャラの成長的には、やはりダブル主人公の「アイアンマン」です。彼は最初は鼻持ちならない大金持ちの我がまま我褒め上から目線権力者でしたが、様々な戦いと失敗を繰り返して鉄の体だけではなく、本当の心を持った真のアイアンマンになります。しかもそれだけではなく演じているロバートダウニーJは実際に薬物中毒で映画界から見放されてしまったのを、アイアンマン監督の男の中の男ジョン・ファブロー様に「失敗を恐れるな!あきらめる」なと励まされ「アイアンマンは彼しかいない!」と周囲の反対を押し切って大抜擢!!見事立ち上がりここまで登りあがった名俳優です。映画のキャラも本当の生きざまも超泣けるー!! なんていってるうちに熱くなって、つい文章が長くなってしまいましたので、続きのヒーローたちへの思いはまた今度描きますね。とにかく超おすすめ!!見てない人は途中からでもいいから、、でも最初から見た方が人生最高のエンタメが誕生しますよ。
それと最後になりましたが、、続ハーメルン14巻、特典等の時期発表につきましては、後に近づきましたら発表しますね。  ではでは、またまた、ミッチーでした。 

Jpg

 

| | コメント (1)

2019/05/01

道明ブログ256です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?2019年5月1日、令和元年!年号が変わりましたね。いやーおめでとうございます。新たな気持ちで身を引き締めてがんばろうと思いますよ。そして平成お疲れ様です。平成は長かったので私の人生にもいろいろありましてしみじみいたします。ハーメルンのバイオリン弾きがはじまりましたのも、続ハーメルンをこうして執筆しているのも平成でしたね。世間的にも災害があったり、少子化問題やら格差社会やら様々な問題を抱えていて大変な事が多かったと思います。ですが、天皇陛下が仰っておりましたように、日本では戦争がなかったという年号でそれはとてもありがたい話ですね。令和でも平和が続いてほしいです。私も自分の漫画を応援してくれて読んで下さる方たちが少しでもおもしろく楽しんでもらえるように作品を書いていきたいと思います。そして皆様にも令和が穏やかでよい年号になりますよう祈ります。そんな気持ちと関係あるかないかわかりませんがこんなものを描きました。
 Photo

そろそろ単行本販売時期が近いということでして、またまたキャラカードを何枚か描きました。これはその中の一枚をいじりましてピックさんに令和のご挨拶をしていただきました。実際のキャラカードとは少々色味をかえてあります。そのキャラカード、今回のパターンは意外にまだ描いていなかったあのキャラたちを中心に描いています。なかには意外な大物がおりますよ。そしてそんなこんな中、続ハーメルン69話の後編できました。コレです。 

2

子供のころの誤解と思い込みで雨の夜にはぐれてしまい、ダンジョンシティ・アカペーラで再開したクラーリィとフルート姫、魔族の襲撃の中、現実世界のハーメルの面影を見て戸惑うフルート、、その続きです。後編ということで少々ページが少なめでしてすいませんです。お詫びと言ってはなんですが、、次回はこの時期恒例になりつつあるのかー?外伝を書こうと思っております。いちおう今のところはちょいと出番がなくなってしまいましたあの方たちが活躍するお話にしようと思っておりますよ。どーなるんでしょうか?お楽しみにしていただけると・嬉しいです。そして外伝の後の続ハメもこのような展開になりましてーキャラもいよいよ混み具合が激しく混沌が渋滞化してまいりましたので、自分的にはストーリー展開をドシドシしていきたいと思っておりますよ。あのキャラの事も、複線も、謎も、一気にやれたらいーなー。でも、そーいーながらやってみないとわからないとこでもあるのです何ともいえずすみませんが・・がんばりますね。 ではではまたまたミッチーでした。

| | コメント (2)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »