« 道明ブログ236です。 | トップページ | 道明ブログ238です。 »

2018/08/15

道明ブログ237です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか? お盆ですねー。今年は私にとって、とても大切で 助けてもらってお世話になった方たちが続けてお亡くなりになる事がありまして、とてもしみじみとしております。落ち着いたらお墓参りに行こうと思ってますよ。
さてさて、そんな折ですが、ただいま 続ハーメルンの新シリーズ第4幕目の製作をしております。今後の展開もいろいろと考えていまして、三幕で出なかったあのキャラたちもいよいよ始動で、どしどし出していきますよ。皆さまのご期待に応えられるようがんばりますね。    そして、第三幕は次の62楽章でフィナーレです。もうすぐ終わるので 今、ようやくお話ししますが・・(ネタバレ感がありますので本編まだ読んでない方で、これからの方は読まないでくださいね。)この第三幕シリーズは,前ハーメルンのバイオリン弾きで、物語の中でかわいそうなキャラたちや、もっといろいろやりたかったキャラたちに再び焦点を当てたくて書いていました。 スラー共和国がそのひとつです。ストーリー展開的にあっさりやられてしまい、サイザーの存在感、過去を浮き彫りにするテーマ上あまり注目させられず、書き込めなかったのですが、特殊な家族だし、実際、満足できないで主義主張もあったろうなーと思い、それにサイザーの心の底のわだかまりを被せて 深い闇を逝く者の一人として描いてみました。 パンドラの箱の使い方 サイザーの企みを悟り 譲る形でこの世を去った前作のスラー博士。息子たちを機械兵器に改造するほどだから、深い信念を持っていて、でも歪だけど強い愛のあった家族関係だったんじゃないのかな? そして本心は決して満足していない。精神の底では苦しんでいる。持病があったようですが、無理矢理死に向かったくらいですからね。サイザーの心を抉れとばかり叫び続けるスラー博士の雄たけびは描いていてとても辛く、読む人も嫌だったろうけど、足掻き続けたからこそ,心の悲しい思いを 後の世で家族が受け取ってくれる。届くんじゃないのかなーなんて考えながら拙い技術でしたけど書いてきました。 
私の現在の心境に合わさる感じでして、なんかとても切ないですが、スラー博士、スラーの皆さん心からご冥福を祈ります。安らかにお眠りくださいませ。    
次回はもっといろいろやりたかったキャラたちについて書きますね。               ではでは、またまた、ミッチーでした。
237

|

« 道明ブログ236です。 | トップページ | 道明ブログ238です。 »

コメント

 初めまして、渡辺道明先生。
 初めてコメントさせていただきます。
 「 みつさん 」と申します。

 一ヶ月遅れましたが、「 続・ハーメルンのバイオリン弾き ⑫ 」を買う事が出来ました!
 ハラハラ,ドキドキ,ワクワクしながら、読まさせていただきました。

 私が「 ハーメルンのバイオリン弾き 」を知ったのは中学生でした。
 山口県へ行く途中、駅の売店で販売されていた漫画の表紙のイラストが気に入り、母親に買ってもらったのが出会いです。
 電車に揺られながら何度も読み返しました。
 ヒロインの扱いが酷かった事に当時の私は戸惑い、驚きました。
 私の中では、かなり斬新だったので、ヒロインに対する見方や使い方が変わりました★
 高校生となり、お小遣いを貰える様になってから、単行本「 ハーメルンのバイオリン弾き 」を買い集めました。
 悲しい時やイライラした時に「 ハーメルンのバイオリン弾き 」を読む度、必ず笑わせてくれる漫画だったので手放せませんでした。
 「 ハーメルンのバイオリン弾き 」を読んだお蔭で、少年漫画に対する免疫力は、かなり上がったと思います!!

 私は昔からキャラクターに感情移入が出来ない派です。
 なので

投稿: みつさん | 2018/08/24 19:06

続きです。
 ──なので、個人的には『 渡辺先生が描きたい、渡辺先生にしか描けない、渡辺先生の「 ハーメルンのバイオリン弾き 」が読みたい 』と思っています。
 それを期待して、単行本『 続・ハーメルンのバイオリン弾き⑬ 』の発売を楽しみに待っています。

 「 ラッキーナイト カスタードくん 」が3巻で完結してしまったのは残念でした。
 好きだったので、もっと続きを読みたかったです。

 「 ハーメルンのバイオリン弾き ~ シェルクンチク ~」も「 続~ 」みたいな感じで、また読めたらいいな……と思っています。

投稿: みつさん | 2018/08/24 19:11

ラッキーナイトカスタードくんは私も残念です。
3巻で終わってしまったので、現在はコミックブンブンのバックナンバーを探し歩いています。
当時真似をして何度もカスタードくんを描いて漫画を描く練習していましたし、
本屋もないど田舎に引っ越してしまい最後まで読むことができなかったのが今でも心残りです。
電子書籍になっていたのでもしやと思い見たところ、やはり3巻までで淡い期待あっさり裏切られ……

ですが既に文庫本を持ってはいましたが購入しました。
姫のわがままで電子書籍だけでもリリースされると信じて。

投稿: mok.mok | 2018/08/28 04:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1420814/74036910

この記事へのトラックバック一覧です: 道明ブログ237です。:

« 道明ブログ236です。 | トップページ | 道明ブログ238です。 »