« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018/08/15

道明ブログ237です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか? お盆ですねー。今年は私にとって、とても大切で 助けてもらってお世話になった方たちが続けてお亡くなりになる事がありまして、とてもしみじみとしております。落ち着いたらお墓参りに行こうと思ってますよ。
さてさて、そんな折ですが、ただいま 続ハーメルンの新シリーズ第4幕目の製作をしております。今後の展開もいろいろと考えていまして、三幕で出なかったあのキャラたちもいよいよ始動で、どしどし出していきますよ。皆さまのご期待に応えられるようがんばりますね。    そして、第三幕は次の62楽章でフィナーレです。もうすぐ終わるので 今、ようやくお話ししますが・・(ネタバレ感がありますので本編まだ読んでない方で、これからの方は読まないでくださいね。)この第三幕シリーズは,前ハーメルンのバイオリン弾きで、物語の中でかわいそうなキャラたちや、もっといろいろやりたかったキャラたちに再び焦点を当てたくて書いていました。 スラー共和国がそのひとつです。ストーリー展開的にあっさりやられてしまい、サイザーの存在感、過去を浮き彫りにするテーマ上あまり注目させられず、書き込めなかったのですが、特殊な家族だし、実際、満足できないで主義主張もあったろうなーと思い、それにサイザーの心の底のわだかまりを被せて 深い闇を逝く者の一人として描いてみました。 パンドラの箱の使い方 サイザーの企みを悟り 譲る形でこの世を去った前作のスラー博士。息子たちを機械兵器に改造するほどだから、深い信念を持っていて、でも歪だけど強い愛のあった家族関係だったんじゃないのかな? そして本心は決して満足していない。精神の底では苦しんでいる。持病があったようですが、無理矢理死に向かったくらいですからね。サイザーの心を抉れとばかり叫び続けるスラー博士の雄たけびは描いていてとても辛く、読む人も嫌だったろうけど、足掻き続けたからこそ,心の悲しい思いを 後の世で家族が受け取ってくれる。届くんじゃないのかなーなんて考えながら拙い技術でしたけど書いてきました。 
私の現在の心境に合わさる感じでして、なんかとても切ないですが、スラー博士、スラーの皆さん心からご冥福を祈ります。安らかにお眠りくださいませ。    
次回はもっといろいろやりたかったキャラたちについて書きますね。               ではでは、またまた、ミッチーでした。
237

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018/08/03

道明ブログ236です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?最近の天候は記録的な猛暑とか、観測史上類を見ない豪雨とか、とにかく恐ろしいモノばかりです。西日本を襲った集中豪雨なんかもかなりひどいです。皆さまのお住まいの場所は大丈夫ですか?お体を御自愛下さって安全でいる事を祈ります。格夕私も、被害にあわれた方に比べたら大したことはありませんが、変則台風で飛んできた杭が車の後ろの窓に当たり、貫通して割れてしまいました。うーんあんな事あるんですね。まさに想定外の台風でした。何か今年は、体のあちこち変で、左手が謎の腫れ方して野球のグローブみたいになったり、持病が悪化して手術したり、左足骨折したり、歯が抜けたり、治って安心してたら、車壊れたりと、さんざんで、一言でいえば、「一難去ってまた一難」がスローガンで、何じゃ?こりゃ?祟られてるのか?って感じで、そーいや正月に神社でおみくじ引いたら、半吉って出て、ナニコレ?吉に半分ってあるの?小吉より小さくて、吉の半分でギリギリ凶じゃないんかい?とか思いましたが、でも、なにくそ負けへんぞー。見せてあげよう底力!!来るならかかってこいやー精神でいるので大丈夫です。がんばりますよ。さてさて、そんな矢先にできました。続ハーメルン61楽章、コレです。     
6172px
 
スラー博士により骨針を打ち込まれ、操られて天秤をブン回し、守るクラーリィたちを襲う罪人ヴォーカル。魔族最強の男が復讐の鬼と化した元スラー王の道具と化し、サイザーの首を狙う。己に与えられた屈辱を果たしに、すべての首を並べて最高の美酒で一杯やるためにー。さてさて、皆の運命はいかに!?いよいよ押し迫った第三幕、断罪の天秤編クライマックス!!よろしければ読んで見て下さいね。ではでは、またまた、ミッチーでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »