« 道明ブログ223です。 | トップページ | 道明ブログ225です。 »

2018/02/17

道明ブログ224です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?ただいま、平昌オリンピック開催中、選手の皆さん頑張ってますねー。冬のオリンピックは土地柄的に馴染み深く、そのすごさも超人さも分かり、とても速かったり高かったり技巧的で難しかったり、して人間超えてまして大変で勇気のいるスポーツばかりです。どの方たちも感動的でとても素晴らしいのですが、、中でもカーリング男子のSC軽井沢を応援しております。選手の4人が知り合いだったり、友達の友達だったり、町のクラブのコーチだったり、話をしたことある人だったりしてとても身近なのです。皆まじめで一生懸命、とても良い人たちですよー。世界の強豪相手にいい試合を繰り広げております。ちなみにカーリングやった事ありますが、あんなにストーン狙った所にいきませんよ。試合全部やったらくたくたです。ほんと超人的です。悔いなくけが無く熱く達者に戦ってほしいですね。がんばれーニッポン!!そんな皆様に力を頂きながら、私は続ハーメルン続きを描いてますよ。56楽章ですが、そうです。ワルキューレ軍団とサイザー、オカリナのお話です。前作のハーメルンではそういう余裕がなくやれなかった、やりたかったワルQたちの話を書いてます。使い魔で従者のようで最初っから何の疑問もなくサイザーに尽くしている、団体で通り一遍のキャラたちでしたが、本当にそうなのか?各キャラをもっと個性的に掘り下げたいなーこの子はこんな性格なんじゃないか?こいつとこいつ仲いいんだか、悪いんだだか・・せっかく続ハーメルンなのだからやりたいこと描いちゃえ、と思っておりましたので、エンジンさんの感想を読んだときはとても嬉しかったですよー。描いていてとても楽しいです。ですが、時間の流れに勝てず、、前のデザインに耐えられなくついつい見てくれ変えてしまったキャラにはご勘弁してね。けっこー変わったのはヘルムウイーゲ、ああっじっくり見ないでー。そんなこんなで、さてさてどうなりますか、ニューワルQ軍団よろしければ次回、読んでみて下さいね。ではでは、またまたです。  ミッチーでした。
 
224

|

« 道明ブログ223です。 | トップページ | 道明ブログ225です。 »

コメント

変身!ならぬ返信ありがとうございます。

ああ、成程…。「時間」の流れでヘルムさんのキャラや性格変ったんすね。アマゾンの設定がアマゾンズで変更されたように(笑)ワルトラウテとゲルヒルデって小林靖子さんの典型的な気の強い女性の性格と酷似しているように感じました。(進撃の巨人、シャナ、ジョジョのメインライターで特撮はアマゾンズ、仮面ライダーオーズ、電王、龍騎、侍戦隊シンケンジャー、特命戦隊ゴーバスターズ等)まあ偶然でしょうが。気になった事が。電子で続読んでいるですが、ヴォーカルに鎧引っぺがされたワルトラウテさんの乳首解禁してますが、連載当時の読者の年齢層が高いため、青年誌の感覚で描いているのですか?

ああ二次創作でなんですが、並行世界のワルキューレズを「精霊」ではなく「人間」として設定して僕の小説で書いてます(まあ普段はただの契約社員のサラリーマンのボクですが)。それぞれの性格や趣味、嗜好は僕のオリジナルでキャラ設定してます。道明先生の元のワルキューレズの性格の成分はある程度残していますが。

特にゲルヒルデが口汚くなったり、ロスワイセが成績優秀(学園ものの要素アリ)、脳内で再生する声優さんも設定するほど痛いです(笑)僕ごときの感想で嬉しく思われるなら本当に僕も嬉しいです。忙しいですが、頑張ります。ではまた。

投稿: エンジン | 2018/02/18 08:56

ちなみにロスワイセは前の感想で語った通り能登麻美子さん、ゲルヒルデは戸松遥さん、ヘルムウィーゲは内田真礼さんで脳内再生して読んでます。(高橋李依さんもめぐみんみたいな厨2臭さで捨てがたいですが)まあ声優オタって訳じゃないけど(実際仕事で忙しくて声優イベントに参加できないです…)
声優さんがないキャラに脳内で設定して読むと面白いんですよ(笑)。因みにワルキューレズにはテーマ・ミュージックも設定してます。殆どKAMEN RIDERGIRLSや僕が聴いて良いと思った洋楽がメインです。
久保帯人先生の漫画BLEACHの巻末のキャラ紹介でキャラにテーマ・ミュージックを設定していたので、それを真似してみました。ではまた。

投稿: エンジン | 2018/02/18 09:17

56話読みました。ヘルムウィーゲって小さい頃は結構ドライな性格だったんすねぇ。弾避けって…魔王軍で孤立していたサイザーは寂しい気持ちの解消と母親のパンドラを求めていただけなのに…。今はデレまくりですけどw

今更なんすけど、ワルキューレズって槍の達人なんすねぇ。
10巻でスフォルツェンド艦隊をゲルヒルデとヘルムウィーゲだけで落としたり、リュートと互角に戦ったりと。

僕の想像していた性格となんとなくベストマッチしてましたw
ブリュンヒルデはやっぱり恥ずかしがりやだったんすねぇw

それから前作ではあまり見られなかったサービスシーン堪能させていただきました。ワルトラウテとオルトリンデが貧乳を気にしていたり、ロスワイセが意外と隠れ巨乳だと思ったら普乳(かってに改蔵の羽美の表現。本当は駄乳っていうらしいんすけどw)

あの手の引っ込み思案キャラは大抵隠れ巨乳だったりするのが俺の想像だったんですが、それが唯一のザンネンな所かねぇwゲルヒルデは発育いいと思うんですけど。

まあこんな契約社員のオッサンのセクハラ発言で槍でぶっ刺される前に退散しますw二次創作で使わせてもらってすみません…ホント、キャラ考えるの苦手でw

ではw

投稿: エンジン | 2018/03/01 11:20

あ、送信忘れた事が。「友達を武器にする」(ワルキューレ)ってのがアニメ「ギルティクラウン」と被りましたねぇw

あっちはヴォイドっていう特殊能力ですけどwでわw

投稿: エンジン | 2018/03/01 11:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1420814/72939357

この記事へのトラックバック一覧です: 道明ブログ224です。:

« 道明ブログ223です。 | トップページ | 道明ブログ225です。 »