« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016/03/26

道明ブログ185です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?私事でなんですが、昨晩、私の大好きな漫画家の小山田いく先生がお亡くなりになったという悲報を知りまして、ただただ、がっかりとしております。小山田先生は 私が中学生の頃、「スクラップブック」 という漫画で少年チャンピオンで連載デビューされ、作品は 中学生のクラスメートたちの青春期でして、愛やら友情やらといろんな思春期ならではの問題を 主人公の柏木晴くんたちで協力して解決していくという甘く切ない物語です。当時、中学生で 晴ボンたちのふたつ年下だった私は その夢のある世界感に自分を照らし合わせ 毎週ドキドキはらはらわくわくしながら、読んでいました。同時期に連載していた 「星のローカス」という作品も 大好きで、それから 多くの連載作品や短編を描かれましたが、私はそれを全て読んでいてとても大好きな作家さんでした。小山田先生の作風は、なんていいますか、とても 優しい風のようで、人間はいろいろありますが、悪い人はいない。という感じで、性善説な漫画家さんです。それを、人によっては 「甘い、毒がない、リアルじゃない、気持ち悪い。」 という風に捉える方もおりましたが、私はその心地よいロマンチストな 夏の高原を吹く爽やかな風のような 小山田先生の作風が大好きなのです。弟の漫画家さんの たがみよしひさ先生の作品も大好きでして、「軽井沢シンドローム」も むさぼるように読んでまして、学生時代、素人漫画の描き始めに絵を描いてるとき、よく二人の絵に似ている。といわれました。 私は多くの作家さん、作品のフアンですが、この二人の作家様に会っていなければ この世界にはいらず、漫画もたぶん描いてなかったでしょう。信州も、山も、自然も、こんなに大好きじゃなかったかもしれません。 余談ですが、実は、新しい企画を考えておりまして、そのアイデア出しに、何気なく久しぶりに 小山田先生の 「霊能バトル」を読んで折、フンフンとしていましたが、その後、三日後に悲報がありまして、先生がお亡くなりになった日に たまたま、本を開いておったようです。  小山田先生は 霊的な作品が多いのですが、虫の知らせってあるのでしょうか。何か感じることがありました。先生、今まで 自分に多くの感動をありがとうございました。本当にご冥福をお祈りいたします。天国でもステキな作品を描き続けてくださいね。 しかし最近、大好きだった作家様がお亡くなりになる事が多くってクラクラします。アニメの出崎さんや、水木しげる先生とか なんか もう切ないです。そんな年でもないのに少年ガンガンでやっていたときの 女性作家さんも 何人かお亡くなりましたし、本当にしみじみ、がっかりしますね。         ではでは、またまた、です。            ミッチーでした。Michiburo185

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/16

道明ブログ184です。

どうも道ブロです。皆さまお元気でしょうか?そんなこといいながら、先月は全然元気じゃなかったのですが、今は何とかそれなりです。しかし、前にも触れましたが、とても苦しいコンディションで描いていたせいか、前回の話はとても苦しい話になってしまいまいた。フィドル王女もチェンバロも赤ちゃんも本当かわいそう。前作のハーメルン描いてたときも、ハーメルとフルートが別れたエピソードの時でしたが、やはり体の調子くずして、過労で倒れたり、腰痛が死ぬほど痛かったりとかして、〈最近は腰痛等なくなりましたが、、〉いやーまいりました。作品と作者の状態ってシンクロするものなんですかねー。感情移入し過ぎですかねー。メトロさんやともさんも心配してくださってすいませんでしたが、お達者で頑張りますね。しかし、このフリーズちゃん、小悪魔的に危機を増産するのですが、困ったもんですねー。余計な事しなけりゃこんな事には、、みたいなこといっぱいします。ピロロもいってましたが、さすが、ややこしいバラライカの娘!それでいて、今回のボツカットでーす。トホホ、今続きを描いてますよ。ではでは、  ミッチーでした。Photo

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2016/03/01

道明ブログ183です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?2月がさっさと終わってしまいましたねー。速ェー!2月は去るといいますけど本当に早かった。あっという間です。おまけに二月は天中殺かい!という程いいことがありませんで、月はじめの地獄のような痛み尿管結石に始まり、右手捻挫して、そのあと、風邪ひいて、歯茎が異常に痛くなり、そしてウイルス性の腸炎にもかかり、腹めっちゃ痛くなりなんか食べるたび腹抑えてうーうー苦しんでおります。現在進行中です。本当にさんざんでした。なんかもうこれだけ痛い目に会うと、人間っていろいろな欲がありますが、例えば お金持ちになりたい。とか有名になりたい。認められたい。ちゃほやされたいあれこれ欲しい等、いろいろありますが、もうなんか体が痛くなければそれでもう超ハッピー幸せなんだなーと思えるようになりました。一億総活躍しなくていいです。痛くないこと大事!もし病中治療中の方がおりましたら、御自愛ください。さて、そんなときになんですが、続ハーメルンの38話目がアップされました。これです。前の表紙にクラーリィが追加されました。フリーズやや紫バージョンですね。闇王バラライカの娘、フリーズの〈運命の星〉の力で突然出現した大魔王軍、暴れる魔王ハーメルにグローリー軍レプトン砲の一撃、ふき飛ばされるハーメルとフルートに化けたクラーリィ〈フルクラ〉、はじき飛ばされた行方は、大公の館 、タンブリン国王と産気づいているフィドルの前、不可思議な再会に見合わす一同、気絶しているハーメル、、と果たして皆の運命はどうなるのでしょうか!? というお話です。よろしけば読んでみてくださいね。 といいたいところなのですが、苦しいときに描いていたせいなのか、、今回の話はちょっとアレなんだよなー。あいや、ネタバアレになるのもなんですので、見てみて下さいね。  ではでは、健康第一!!ミッチーでした。872px

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »