« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014/11/01

道明ブログ162です。

どうも、道ブロです。ご機嫌いかがでしょうか?最近、寒さも増してきまして、、昼間は日がさすと 暖かいのですが、朝、晩は冷え込んでまいりました。おかげで、今年、私の住んでいる所の紅葉は 当たり年で、とてもきれいです。いつもなら、広葉樹が先に色づき、葉が落ちる頃に針葉樹が色づく、、といった感じなのですが、今年はほぼ同じくらいで、紅く 黄色く色づいていて、自然大好きの私は、心が洗われます。冬を迎える前の最後の木々たちの色どりに、命の強さを感じますね。さてさて、そんな私ですが、いろいろと、作業が遅れてしまいご迷惑を描けてしまい、誠に申し訳なかった、ファウンディングの、プラチナをようやく終え、お待ちしていましたご購入の皆様にお送りする事ができました。どうもすみませんでした。しかし、一枚一枚、様々なイラストが描けてとても楽しかったです。普段なかなか描かなかったキャラの以外なシーンとか描けたり、皆さんのお声を聞けたり、暖かな励ましなど頂き、皆さんがとても身近に感じ、その人を思いながら、イラストを描くのが、とてもうれしかったです。そして、いろいろとご迷惑を掛けしてしまった方、大変失礼しました。今はみなさまにお届けできて、ほっとしています。後、ダイヤモンドのお方、、もう少し、お待ちくださいね。もうすぐ、お届けできると思います。さて、そんなこんなですが、続ハーメルンの22話をあげましたよ。こちらです。迫りくる超獣軍,卑劣なギータの魔の手。フィドル、フルートに突きつけられた決断、コンアモーレの危機を皆はどう乗り切るのか?って感じです。またまた、ギータを こんな形で活躍させるのは おもしろいです。知略家で 自分を下げ、低く見せるけど、野心強く 狡猾なギータ。動かしていて、ワクワクサセルキャラです。クラーリィたちには むちゃ怒迷惑でしょうが。 そのギータ、どっかりと、大きくデジタルで塗ったのは初めてかもしれませんね。(小さいカットは 続ハーメルンの2巻カバー裏にオルゴールといっしょに描きましたけど、、後、カレンダーにも描いたっけな) 初代のハーメルンのカラー表紙などと比べると、いやー歴史を感じますねー。 昔のアナログもよいのですが、今のデジタルの技術で、前のキャラに色塗るのは 楽しいです。新たに、命を吹く込んでいるみたいで、、 しかも、このカラーは、わけあって、市役所のロビーと病院の待合室でタブレットで色塗りしました。いやー時代ですねー。 そんな事できるようになるなんて、その時はこれっぽっちも思わなかったですよ。 関係ないかあるかわかりませんが、この構図だと、ギータ、超巨○んにみえますね、、さすが、超獣王、、ぐわっぎゃっ! !(ギータに斬られた音) そんなこんなで、読んでみて下さいねー。ストーリーと巨こ○はぜんぜん関係ありませんよ。心配要りません。            ではでは、またねー。ミッチーでした。

    72jpeg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »