« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013/03/19

道明ブログ109です。

どうも、道ブロです。お元気でしょうか? 先日、返却原稿を、チエックしていましたら、
いろいろな、カラー原稿が 出てきまして、ありゃ、こんなの描いたっけ?なんてモノが
いっぱいありまして、、コレもそのひとつですよ、ちなみに ちょっと修正加えてみました。
わかるかな? 
Mitiburo1092_3           こんな感じです。また、なんかあったら載せようと思います。そして、今は、そろそろ、続ハメを、単行本で、出そうか?なんて考えてまして、本にするにあたって、その1巻にストーリー性の重要なエピソードを 30ページ分、追加で加筆しています。 いわゆる、ディレクターズカット版ですね。(その前までも、デイレクターズカットなんで、カット、カットの×2ですかね、、) 本を購入して頂いて下さった方へのサービス的な感じを考えてます。読んでいなくても、話はわかるけど、それを 読むと おおっなるほど!と 読み応えや、謎などが
深まり、味わいが強くなる。みたいにしたいです。 四月中を予定にしています。
単行本発行に、ちなんで、その予約方法や、ホームページ作成 など、いろいろ、重要なおもう、しばらく お待ちくださいね。    ではでは、また。   ミッチーでした。                               

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2013/03/06

道明ブログ108です。

どうも 道ブロですよ。皆様、お元気でしょうか? 季節も 少しずつ、暖かくなってきまして春が 近ずいてきている感じですね。 ですが、私の方は まだまだ、遠からじ、 って感じです。
この間まで、進めていた企画が ボツになりました。商業誌連載の もので、アノ まじメインの わたしらしくない作品の事です。没なんで、明かしますと、講談社の 別冊マガジンという雑誌でして、そこの連載コンペというものでした。
その雑誌は、私の好きな作家の 《金色のガッシュ》を描いた、雷句誠先生が連載している雑誌でして、あの雷句先生と いっしょに本に載りたいなー、なんて夢を見ていました。 
でも、ダメでした。ガッカリ、ついてくれた担当さんの話では、今までにない120本もの、応募作があり、最終審査の5本まで、残ったとの話ですが、、結局、決まらなきゃだめじゃん。って感じですね、審査で賛否がきれいに 割れたらしいのですが、昔から、いいと、悪い、がはっきり分かれた方が、ヒットに繋がるのに、
みんなが、いいってやつほど、可もなく不可もなく、在り来たりに なるんだけどなー、
なんて負け犬のひがみ根性みたい ですが、自分なんかは、元々、賛否判れる作家なので、まあ仕方ないのかな、なんて、思っています。
 自分みたいな、個性強いタイプは、今の時代、試してもらう勇気は、景気の悪い商業出版の世界では、もうないのかなーなんて、つい、落ち込んでしまいますが、せっかく描いたし、自分でいうのも、なんですが、かなり、おもしろい作品になったという、手応えは、ありましたので、他の、出版社に 持ち込みしようかな、なんて思っています。
どうなるのか、わかりませんが、商業誌は、ダメかなーなんて、思ってますが
一応、やってみますね。そういう、シガラミは ない、デジタルの世界は地道に やっています。続ハメ7は できているのですが、諸事情が」ありまして、少々、お待ちくださいね。
すいませんです。《ハーメルンのバイオリン弾き》の原稿チエックも 進行中です。ページ順じゃなく、見開き別に なってたりするんで、メッチヤメチャ疲れますが、やってます~。
春を来る事を 信じて、がんばります~。       
ではね。   ミッチーでした。

こういう作品の ネームです。このお兄ちゃんの名は、キルハートさんです。
Mitiburo108

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »