« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012/09/29

道明ブログ93です。

どうも、道ブロです。皆様お元気でしょうか? 夏の凄まじい暑さも ようやく落ち着いてきて、自分の家の周りも だいぶ涼しくなってきました。 急な季節の変わり目なので、お体に
気をつけてくださいね。 さてさて、そのお体の事ですが、 この前のブログで 振っていた、謎の病院騒ぎの事なのですが、 実は、自分、2週間くらい前、急に お腹が凄まじく
痛くなりまして、しかもそれまで、体はいたって健康でして、 山登りにも行ってたくらいなのですが、あまりにも痛く、今まで体験した事がないほどのものでして、例えるなら、
腹に短刀ブッさして、グリグリ掻き回されてるくらいの痛みで、 切腹リアル体験!みたいな感じでした。腹と背中が異常に 痛み、吐き気はするし、熱は上がるし、冷や汗は止まらず,立ってられず、体をくの字に 曲げて転がるしかありません。とてもじゃありませんが、耐えられませんので、病院に激行しました。 今までの人生経験で これに 似た痛みの 体験は、20代の頃に、やった べんとう屋で食べた食中毒 くらいです。これかー?前日カップラーメン食ったら ヘンな味がしてたからなー その後、下ったりしてたしー なんて痛くってほとんど、何も考えられない中で そんな事思ってたら、いろいろ調べてもらいまして、そうしたら、なんとそれは 尿管結石でした。 お医者さんが 言うには、じん臓の中に 石ができて、それがぼうこうに 落ちるとき、ものすごい激痛を 走らせるそうです。その痛みは すごいものらしく、 女性が妊娠して、出産するときの痛みに 似ているそうです。つまり、男が体験する痛みで 最強!らしいです。 いやーでも 本当に 痛かった。
しかも、朝、4時くらいに 痛くなり、その後、病院が 始まるまで、無理に 我慢して 待っていたいたので、結石は 楽なところに流れてしまったらしく、本来なら、痛み止めを 点滴するらしいのですが、もう大丈夫だそうで、なんかすげー痛み損してしまったみたいで、なんだよー!と思いました。 しかし、痛みが 取れかけてほっとしてきたら、また、急に あの耐えれない激痛が、始まりました。 ううっ なんでまた急に! しかし 今は 最初と違って、病院の中なので、もう一回みてもらったら、 なんと、結石は二つあって、もうひとつが 刺激されて、続いて 落ちてきたらしいとの 事でした。まれに、あるらしいのですが、 本当に 勘弁してほしかったです。 「なんじゃ、そりゃ?これじゃ双子出産やん! じゃあ何かい?最初はハーメルで、次はサイザーかい!すげー痛てぇ! ああっ まったく、パンドラ母さん、ほんま、えらいわ!」 と、ほんま思い、産みの苦しみを ダブルで 体験しました。しかし、今度は痛み止めの 点滴を 打ってもらいました。 でも、流石は 最強,最凶の結石!前ほどでもありませんでしたが、 それでも、痛いわ~!やーほんと、酷い目にあいました。何故、自分が こんな目に~! 痛みの宝くじに 当たったみたいやん、いい方は てんで当たらないくせにぃ~! って本当に まさに、腹が立ちましたけど、
よくよく考えたら、フルートにさんざん,酷い事 やってきた罰が 当たったのかなー なんて思いました。  ううっフルートごめんなさい。
それと もうしょうがないので、考え方を 変えて、「こんな死ぬほど 痛い目に 会ったのだから、オリはもう 死んだのだ。 もう 何も こわくない。死んだ気に なってやるぞー!」
と思うことにしました。 そんなわけで 長い報告になりましたが、こんな感じです。
「痛い」と「ほんま」ばかり多い文章になってしまいましたことを 深く、お詫び致します。
ちなみに 今、次の《続ハメ》を 製作しております。もうすぐ、完成しますので、
近々、アップします。よろしければ、読んでくださいねー。 後もう、なんか、非道い痛い目に
会いまくったので、「なんかいろいろやってやるぞー!」と 思ってます。 そのうち、その
成果を 皆様に お見せできたらいいなー。 なんて 思ってますよ!
                       ではでは、また。    ミッチーでした。

あまりの痛みを、タフなオーボウにやってもらう事で 表現しました。
Mitiburo92

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012/09/19

道明ブログ92です。

どうも道ブロです。 皆さんお元気ですか? 前回のブログで、皆さんからいろいろな
ご意見頂きまして、まことに ありがとうございました。 今後の電子書籍の展開や、物販販売等、いろいろ、アイデアを出して下さる方もいて、参考になります。検討させていただきますね。 なかなか、難題が多いので、いろいろ苦労しているのですが、なんとかしてみます。  そして、《初代のハーメルン、、》 の展開もなのですが、、
自分も ブックオフ的なのは、寂しいので なんとかしたいなー、と思っている所でした。
そんな時、ちょうど、この9月で 《初代ハーメルン》 版権契約が切れる時なので、なんか
やっていきたいなーと思っています。 (まだ向こう様の都合なのか、原稿が返ってきませんが、、)  後、前回話した事ですが、、、 久々登場の, 《変態おじさん》 なのですが、、
 、あんなキャラでも 皆様から、反響を頂いてありがとうございます。自分もあの インパクト重視のヘンタイっぷりを 見ていると グスタフの親戚のおじさん説は あるかも、、と
考えてしまいました。 それと 本当は今回は 4話目でハーメルが、「ユーモレスクに 見せられてる幻覚の中の フルートとハーメルの関係が ドキドキしました。」 というご意見を
頂きましたので、そのことに 触れようかと 思います。、、実は、自分も こーゆーの
好きでして、テレちゃうのでギャグにしたりしてしまうんですが、本来はラブコメは やりたいのです。思えば、最初のハーメルでも、 コルネットが出てくるとき、へんてこな ラブコメしてましたが、 高橋留美子世代の自分としては、こーゆーのいっぱいやりたいのです。 後、やや歪んでいる力いっぱいの 純愛物語! も大好きです。「雫!好きだ!結婚してくれー。」
みたいなヤツです。このシリーズでは、そーゆーところいろいろ見せていきたいなー、
なんて思っているのですが、なんといっても 作者がこの調子なんで、 ミッチー節の利いたスパイシーなラブコメに、なるんだと思います。 そんなゲテモノは嫌だ。という人は、NANAあたりを 読んでみるのをお薦めします。 そんなワケで今後、アホいけど、ドキドキするラブストーリーをやれればしたいと、思っていますです。 はたして、」どーなるのやら、、
それと、実は、何故だか、急に、先週は、ものすごく痛く、酷い目にあいました。
 《恐ろしい死出への一週間! バチがあたった病院へ地獄旅!》 に なってしまいましたが、 その話をしようと思ったのですが、、長くなりそうなので
次回にはなしますね。   それでは、 またね。     ミッチーでした。

ボツシーンです。 どんな話なのか創造してみて下さいね。
Mitiburo921

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/09/09

道明ブログ91です。

どうも皆様、お元気ですか? 道ブロです。 先週アップさせて頂いた《続ハーメルンの
バイオリン弾き、4話目》拝見して下さって ありがとうございました。 引き続き、
皆様からの 心に染み入る暖かいコメントをもらい、嬉しくおもいます。ひたすら感謝、感謝でございます。うちの息子、トロン坊主の活躍を、喜んで頂いてありがとうございます。活躍というには、かなり、アホい愚行なのですが、この漫画に、この作者なので仕方ないのですが、て、ゆうか申し訳ないのですが、、むしろ被害者で、かわいそうなのですが、「まぬけな息子ほどかわいい、」 が信条なこの私なので、許してやってください。その分その内、とんでもない大活躍をやってくれると思いますよ!うーんいつかねー、見限らんと付いて来てされまし、でも、ハーメルとトロンのアホアホ行動は 自分はとても大好きでして、この二人、
魂の色が同じなのか、低度が似ているのか、ダブル暴走になって描いていて楽しいです。
かってに動き過ぎてよくページに収まらず、なくなくカットしたものですよ。巻き込まれる
フルートもあわれでかわいそかわいーでした。それなので、デジタルでやるにいたって
ぜひ、出したかったキャラです。 どーなることやら、 彼の今後も暖かい目で、
見守ってくださいね。 それと、スキャナーが何故かぜんぜん読み込みをしてくれなくて、、
相変わらずのアナログ星人のこの私なので、ハーメルとトロンのイラストを載せたかったの
ですが、 こんなのになってしまいました。なつかしいヘンタイおじさん。前作では
2巻に出てきましたね、フルート買っていこうとしました。 このおじさんがナゼこのような
変態行動に走ってしまったのか、 彼はいったい? 実は理由があった。、昔は名のある騎士だった、、なんて考えたこともあったのですが、そんな事まで掘り下げてしまったらストーリーがまったく進まなくなってしまうので、やめました。 実は当初、このシーンではまったく別のヘンタイさんを用意していたのですが、とある事情でやめました。 止めるにあたって代役を彼に任したのですが、その方が 前作から応援してくれる皆様が、「おっこの人は!」と 喜んで下さると思いまして、、
そうしました。それと同じように、やはりデジタルで再開するにあたって、前作を思わせる
シーンやギャグをわざと入れてます。 前のノリや、節、設定等、思い出してもらおうと
考えましてそうしてます。 ワンパターンじゃありませんよ。(笑) 
そのうちもっとヘンテコあほいシーンいっぱいやりますんでね。 それと私は 吉本新喜劇や藤山寛美、ドリフ的ギャグが大好きでして、 「繰り返しギャグは、勝利!そのキャラの個性を強調する最高の演出」 なんて思っております。でも あんまりしつこくて嫌われないようにしようとおもいます。
そんな中にたまに、 大事なストーリーの複線入れてたりする演出も、いいんだか、
悪いんだか、、ですよねー    そんなこんなですが、、また描きますねー スキャナーが
直ってましたら、もっとましなカットにします。  ではでは、また。  
                                          ミッチーでした。
Mitiburo91_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »