2018/09/16

道明ブログ239です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?秋雨前線が停滞して被災地に雨が降り、大阪の台風や北海道の地震など嫌な災害が続きますけど、、皆さまお体、健康にお気をつけて下さいね。さてさて、前々回のブログでも書きましたが、今回はその時言いました、「第三幕で,前ハーメルンのバイオリン弾きで、物語の中で、もっといろいろやりたかったキャラたち」についてお話します。それはサイザーの必殺技、精霊のワルキューレたちです。ワルキューレは北欧神話に出てくる魂を死地に送る9人の女神たちで、ワーグナーの戯曲ニューベルリンクの指輪にも出てきます。自分はその《ワルキューレの騎行曲》がかっちょよくて めっちゃ好きなんでサイザーの使い魔にしました。ただ、前ハーメルンでは戦闘アイテム的で、時折、ウエットなストーリー展開のガス抜き緩急のために、元気で、JK的なアホギャグをやる存在でしかなかったのですが、それも好きだったのですが、どうせだったら9人もいるし個人に性格を付けて一人一人活躍させたいナー!サイザーの横でただいいなりになっているのも寂しいし、従っているのも何か意味があるだろうなーと思い、誕生秘話からアイテムとしてではなくお友達として描きました。サイザーと幼い時から寄りそい、共に苦しみを分かち合い戦う感じにしたかったのです。第一皇女のゲルヒルデは9人の長女らしく責任感が強く姉妹のまとめ役、第二皇女のヘルムウィーゲはやや病んでる冷めた感じ、でもサイザーのために「まっいいか・・」で軽く命を投げ出します。第3皇女のワルトラウテ、ボーイッシュな見た目らしくガサツで気が強いワルQ一の武闘派力持ち、第4皇女のシュエルトライテ、おしゃれでおませで気どりやさん、第5皇女のオルトリンデ、クールで静かなタイプ、ガサツなワルと仲良く衝突してます。5人とも描いていてとても楽しかったです。そんな中で以外に活躍、わりとレギュラー化したのがワルトラウテ、ヴォーカルにイジメられてボコられて、そしてクラーリィに助けられてからは、乙女ハートが発始動中!何やら色々やってくれそうです。スラーの時もそうだったのですが、前の時と画風が違いをしみじみ感じますね。ワルQなんかデザイン自体そーとー変わってしまっているのもいますからね。前の方がいいという方もいると思いますが、私なりに今の技術で、スラーもワルQもかっこよく、かわいく描きたかったので、一生懸命やりました。自分では満足しています。そんな中、そのワルトラですがー、実は私の好きなあるアニメキャラをモデルにしています。その割りにぜんぜん似てませんけどね。この第三幕でワルトラを抜いた4人とはお別れですが、これから出てくる残りのワルQもとても濃ゆいですよー。楽しみにしていて下さいね。ちなみにメールでお返事いただきましたが、私も浜崎あゆみさんは好きですよ。HEAVENなんて今回のサイザーそのものですよね、「居場所がなかったー」なんて、、坂本真綾さんは続のコルネットのイメージですよ。いろいろ教えてくれてありがとう。さてさて いよいよ、次回からは第三幕で袖に振られていたあのキャラたちの出番かなー?新たなる展開!色々考えてますよー。239

ではでは、またまた、ミッチーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/01

道明ブログ238です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか? 八月も終わり、9月になりましたが、秋風が吹いてもまだまだ暑い日が続いておりますねー。厳しい暑さの季節でしたが、そんな折に、漫画家のさくらももこさんがお亡くなりになりました。さくらさんは、私と近い世代で、同じ時代を生き漫画を書いていた作家さんです。ちびまる子ちゃんの中でも、自分の子供の頃、そーゆー事やってたなーっていうの出来事や懐かしいヒーローたちが出てきたりしてしみじみしたりしました。そーゆう子供の頃の貴重な原風景や体験,感動を名作にする作家さんだったと思います。自分もそういうものが、大事なベースになっているタイプなので、とても切なく思います。ご冥福を祈ります。そして、私の世代の作家さんはけっこーいまして、名作大作を書いている方が多いのですが、私も今年そうだったのですが、何やら体に様々な異変が多くあり大変でした。若いころからガムシャラにひた向きにやってきてガタがきたり、無理がたたったりする時期なんでしょうかね?まだまだ、作品を発表してほしいので皆さまお体にお気をつけてくださいませ。  そんな折ですが、続ハメの62楽章ができましたよ。コレです。
6272px
この第三幕の終幕です。そして表紙は、このエピソードの出演者のみなさんたちですね。スラー博士や奥様、聖鬼軍の面々、そして妖精さんたちお疲れさまでしたね。復讐の果てにたどり着いた家族との昇天の舞踊、ダンスするスラー博士たち。最後まで足掻き,死に向かう弱き自分と戦い続けたサイザー。それを支えたオカリナ、ワルキューレたち、妖精の大樹のみんな、いよいよのフィナーレです。よろしければ読んで見て下さいね。 なんだかさくらももこさんの事もあり、近しい方たちの離別もあり、生きる死ぬがテーマだっただけにいろいろしみじみしたブログになりましたが、次回からは新展開です。いろいろ考えておりますよ。後、シェルの事も、カスタードくんも都合で気の毒なラストとなりましたが、何やらの形でまた描きたいと思ってますよ。カスタードくんなんか顔に矢がぶっ刺さったまんまでほったらかしになってしまっているので救済してあげたいです。(笑)

ではでは、またまた、ミッチーでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/08/15

道明ブログ237です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか? お盆ですねー。今年は私にとって、とても大切で 助けてもらってお世話になった方たちが続けてお亡くなりになる事がありまして、とてもしみじみとしております。落ち着いたらお墓参りに行こうと思ってますよ。
さてさて、そんな折ですが、ただいま 続ハーメルンの新シリーズ第4幕目の製作をしております。今後の展開もいろいろと考えていまして、三幕で出なかったあのキャラたちもいよいよ始動で、どしどし出していきますよ。皆さまのご期待に応えられるようがんばりますね。    そして、第三幕は次の62楽章でフィナーレです。もうすぐ終わるので 今、ようやくお話ししますが・・(ネタバレ感がありますので本編まだ読んでない方で、これからの方は読まないでくださいね。)この第三幕シリーズは,前ハーメルンのバイオリン弾きで、物語の中でかわいそうなキャラたちや、もっといろいろやりたかったキャラたちに再び焦点を当てたくて書いていました。 スラー共和国がそのひとつです。ストーリー展開的にあっさりやられてしまい、サイザーの存在感、過去を浮き彫りにするテーマ上あまり注目させられず、書き込めなかったのですが、特殊な家族だし、実際、満足できないで主義主張もあったろうなーと思い、それにサイザーの心の底のわだかまりを被せて 深い闇を逝く者の一人として描いてみました。 パンドラの箱の使い方 サイザーの企みを悟り 譲る形でこの世を去った前作のスラー博士。息子たちを機械兵器に改造するほどだから、深い信念を持っていて、でも歪だけど強い愛のあった家族関係だったんじゃないのかな? そして本心は決して満足していない。精神の底では苦しんでいる。持病があったようですが、無理矢理死に向かったくらいですからね。サイザーの心を抉れとばかり叫び続けるスラー博士の雄たけびは描いていてとても辛く、読む人も嫌だったろうけど、足掻き続けたからこそ,心の悲しい思いを 後の世で家族が受け取ってくれる。届くんじゃないのかなーなんて考えながら拙い技術でしたけど書いてきました。 
私の現在の心境に合わさる感じでして、なんかとても切ないですが、スラー博士、スラーの皆さん心からご冥福を祈ります。安らかにお眠りくださいませ。    
次回はもっといろいろやりたかったキャラたちについて書きますね。               ではでは、またまた、ミッチーでした。
237

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018/08/03

道明ブログ236です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?最近の天候は記録的な猛暑とか、観測史上類を見ない豪雨とか、とにかく恐ろしいモノばかりです。西日本を襲った集中豪雨なんかもかなりひどいです。皆さまのお住まいの場所は大丈夫ですか?お体を御自愛下さって安全でいる事を祈ります。格夕私も、被害にあわれた方に比べたら大したことはありませんが、変則台風で飛んできた杭が車の後ろの窓に当たり、貫通して割れてしまいました。うーんあんな事あるんですね。まさに想定外の台風でした。何か今年は、体のあちこち変で、左手が謎の腫れ方して野球のグローブみたいになったり、持病が悪化して手術したり、左足骨折したり、歯が抜けたり、治って安心してたら、車壊れたりと、さんざんで、一言でいえば、「一難去ってまた一難」がスローガンで、何じゃ?こりゃ?祟られてるのか?って感じで、そーいや正月に神社でおみくじ引いたら、半吉って出て、ナニコレ?吉に半分ってあるの?小吉より小さくて、吉の半分でギリギリ凶じゃないんかい?とか思いましたが、でも、なにくそ負けへんぞー。見せてあげよう底力!!来るならかかってこいやー精神でいるので大丈夫です。がんばりますよ。さてさて、そんな矢先にできました。続ハーメルン61楽章、コレです。     
6172px
 
スラー博士により骨針を打ち込まれ、操られて天秤をブン回し、守るクラーリィたちを襲う罪人ヴォーカル。魔族最強の男が復讐の鬼と化した元スラー王の道具と化し、サイザーの首を狙う。己に与えられた屈辱を果たしに、すべての首を並べて最高の美酒で一杯やるためにー。さてさて、皆の運命はいかに!?いよいよ押し迫った第三幕、断罪の天秤編クライマックス!!よろしければ読んで見て下さいね。ではでは、またまた、ミッチーでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/07/14

道明ブログ235です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?ただいま、続ハーメルンの第三幕のまとめにはいるところを描いているところです。皆さまからいろいろなご意見いただいておりましてありがとうございます。作画をしながら、サイザーの表情を描きながらいろいろ考えてしまいます。
魔女の宅急便等の作品で有名な児童文学者の角野英子先生がいっておられましたが、「創作を思い通りに書く事は自由を得られるけど、自由というのは孤独です。」という言葉が胸にしみますが、そんな事だからこそ、
皆さまのハーメルンのキャラへのそれぞれの愛情の深さを強く感じて嬉しく思います。
なんかこっちも涙が出そうなくらいで、それだけで描いてきた甲斐があります。
りんごさんやバラライカさん、読んで下さっている皆さん、ありがとうございますね。ボナンザの相棒さんの「登場人物が弱音や本根や苦しみを喋るところ」いうご意見、とてもありがたいです。前作は少年漫画ゆえに苦しい部分も書いたのですが、あまり引きずると編集さんにダメ出しされてしまいました。ある程度答えを出した分りやすい展開は大事なのですが、自分も年のせいなのか、納得いかない事も多くあり、ハッキリした答えも出ないのですが、答えより、どれだけ真剣に苦しみ向かい合ってる事が大事だなー、なんて最近は思うのです。そうして見える景色はまた違ってよいのではないかなー。なんて考えてしまうのです。ですから、本心は心の底で納得できていない各キャラたちが苦心ののち得たものを書きたくなってやってます。
Kikisaiza

軽い山登りとエベレストから見える景色は格段に違うのでは?みたいな感じですかね。ちなみにこういう展開は商業誌では嫌われる傾向で描かせてもらえない事が多いので、デジタルならではの実験的意欲作なのです。まーでも、あまり引かれないように遭難しないようにおもしろく魅せられるようにがんばりますね。サイザーが心の底で戦ってさんざん苦しんで得た結論どーなるのでしょうかね。 しかし、トラウマ掘り下げるのきついっスねー。もうひとがんばりがんばります。そしてこんなもの描いてみました。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2018/07/02

道明ブログ234です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?梅雨時湿気でジトジトしますねェ と、思ってましたら 
関東甲信越地方 まさかの梅雨明け。例年より22日も早い!観測史上初!だそうです。こりゃあびっくりですね。自分も 骨折完治には1か月くらいかかるから梅雨でもいいや、という気でしたから、調子狂いますねー。5月から暑かったりしましたけど、灼熱が長くなりそうなので、皆さまもお体ご自愛くださいね。さてさて、そんな折ですが、できましたよ。
続ハーメルン60楽章 コレです。
6072pxjpg_2
前回のカラー表紙でチビサイザーは何を見ていたのかといいますと、この人だったんですねー。ライエルの首を落として強引に登場し、強引にサイザーの口唇を奪い、永遠の誓いまでして結婚し、鉄球を外してしまったヴォーカル。しかし片方だけしか取れないで逆マジキレ!ライエルの首を持ちうなだれるサイザーの首もチギロウかという時、やってきましたのが、このお方です。サイザーの思いを受け取り、めでたいのかと思った矢先に、スラー博士もマジマジキレです。骨針を額にぶち込まれ、スラー博士の復讐の殺戮マシーンと化したヴォーカル!!はたして皆は切り抜けられるのでしょうか?各キャラもヒーヒー状態で戦っておりますが、私もヒーヒー状態でやっております。そんな折、ブログのご意見で皆さまに多大なご迷惑をおかけしまして、どうもすいませんです。がんばってやりますので、みんな仲良くやりましょうね。そんな私は、相変わらず甘くて雑だったりしますが、性格なのでなかなか治りません。文章打ちや文考えるのは どうしても苦手です。なんとか直そうとおもいますが、人生勉強ですね。    ではでは、またまた、ミッチーでした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2018/06/10

道明ブログ233です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?ただいま続ハーメルン12巻の製作最終チエック中です。ちなみに今回のカラー表紙はこんなのですよ。タイトルがないとこんな感じですね。ライエルのメカ精霊がどーんと怖い感じですねー。何かヤバソーな煙吐いてます。そして単行本発売にあたってのFCご入会や原稿販売やら企画等皆さまお手続きして下さいまして誠にありがとうございました。どの企画も、数舜でご予約いただきましてとてもびっくりしてます。本当にありがとうございますね。手続き次第がんばって作成いたしますね。ずっと応援してくださる常連の皆さまも、こんにちわ初めましての新規の皆さまも本当にありがとうございます。ただいま展開中の第三幕もいよいよクライマックスです。皆さまからとても嬉しくなる、うわーいいやっほーやるぞーという意見やうーんなるほどなーしみじみという勉強になる意見など、様々頂きましてありがとうございますね。励みや参考にます。 大図目がんばってやりますー。           ではでは、またまたです。ミッチーでした。
Clip

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2018/06/01

道明ブログ232です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?夏の前の季節、外に散歩するには大変いい頃合いになりましたね。私も左足の骨折のギプスが取れまして、まだ山登りするほどじゃありませんが、普通に歩けるくらいには回復しました。とても嬉しいです。健康が一番有り難いですね。ありがたいといえば、前回のブログの後、皆様から多くのFCへのご応募ありました。どうもありがとうございますね。毎年応援してくださる皆様には本当に感謝感謝感謝でございます。大袈裟ではなく本当に皆さまの応援に支えられています。
その続ハーメルン59楽章ができました。カラー表紙は座り込んでるチビサイザー。いったい何を見上げているのでしょうかね。スラー博士に操られ、その   凶刃でワルキューレたちを襲うライエル。その復讐の炎はサイザーに向けられた時、目覚めたサイザーはいう・・私は許されない。自分を殺してほしいと願うサイザーに迫る牙を止めたのは、なんと魔界の罪人、婚約者のヴォーカルであった。ライエルの首を斬り落とし、魔力を封印した鉄球を外すよう要求するヴォーカル。二人は結婚してしまうのか?これが第三幕の結末なのか・・見守るクラーリィたちの判断はいかに!?いよいよもっての第三幕のフィナーレが迫ります。サイザーの願い、スラー国王、ヴォーカル等々深い闇を逝く者たちナイトメアウォーカーの思惑が複雑に絡み合います。オカリナやワルキューレたちもがんばっておりますが・・はたしてどうなるでしょう?とても厳しい展開が続いておりますが、ひーひーいいながらもがんばって描いてます。よろしければ読んでみて下さいね。     ではでは、またまたです。        ミッチーでした。
72px

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/05/28

道明ブログ231です。

どうも道ブロです。こんなの作ってみました。
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/24

道明ブログ230です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?もうすぐ単行本の12巻が発売されます。前作のハーメルンの37巻と足せば大台の50に後ひとつの49巻です。いやーとてもしみじみ感慨深いですねー。本当に応援して下さる皆様おかげございます。とても感謝感謝です。ただいま、その作業をしておりますよ。コレは例のアレですよ。
あの負け犬軍団はどうなるのでしょうかね?今回のおまけ漫画は一言でいいますと妖怪村ですかね。単行本も通して見ますとオカリナがんばれーって感じです。単行本発売に合わせての企画の原稿販売も始めます。今回は10巻、ラースウッド編の始まりですね。クラーリィとヴォーカルのどつき漫才やワルトラウテのちょいラブや死体がいっぱいです(笑)よろしければ覗いて見てくださいね。そんなわけで、またまたです。ミッチーでした。Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«道明ブログ229です。