2018/12/15

道明ブログ245です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?寒さが増し、年末感が上がってきましたねー。でも今年は暖冬だそうだから、あまり寒くならないといいですね。温暖化はこまりますけどね。そんな折に、皆さまに続ハーメルンの単行本13巻の予約購入ありがとうございました。原稿のご購入もして頂き本当にありがとうございます。ネタバレ感がありますが、13巻、ライエルだけに愛注入ですよ。3連発です。4発目ははずしましたがラブな巻になりましたね。ちなみにこの巻含めてある特典もつけましたよ。楽しみにしていてくださいね。そして私を応援して下さっているファンクラブの皆さまにも感謝を込めましてこーゆーモノを作りましたよ。これです。 
72px
2019年度版のカレンダーのイラストです。今年分は戌年という事でギータさんに活躍して頂きましたが(かなりヘンテコにイってましたが・・)来年版はハーメルンガールズ4人のイラストにしました。各キャラに3か月分のコヨミが入って切り抜きもできるというモノです。季節はなんとなく私がイメージするキャラに合わせました。フルートはやっぱり春、桜が似合いますねー。コルは南の島の浜辺、サイザーは紅葉の公園通り、お買い物帰りです。オカリナの羽毛は冬はあったかそう、サイザーじゃないけど雪が似合いますね 彼女は。現代風にするのも描いていて楽しかったです。来年よろしければ使ってやってくださいね。そしてある企画も進行中です。近々発表できたらいいですね。ではでは、またまた、ミッチーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/01

道明ブログ244です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?いよいよ暮れも押し迫る12月、今年も一か月を切りましたねー。自分的には正直今年はろくでもない大変しんどい年だったのではやくリセットしたいですねー。来年は自分にとっても皆さまにもいい年になりますように。そんな中、続ハーメルンの65楽章ができましたよ。コレです。  
6572pxclip  
 第三幕が終了し、新たなる課題に立ち向かうクラーリィたち、そんなクラーリィが魔界軍に入りヴォーカルの傘下に入ったという情報を聞き、信じられずホルン女王の下を飛び出したフルート。しかしひょんなところでなんとそのヴォーカルを助けてしまう事に!さてさて、フルートはいったいどうなるのでしょうか?よろしければ読んでやって下さいね。そのフルート、久しぶりの登場なのですが、彼女を書いてると本当に楽しいです。しかし前回ブログに、スフォルツエンドのお姫様でお嬢様育ち、で赤ん坊の時、田舎のスタカット村で育ちで逞しく育った・・・と書きましたが、性格がちょいと違って、能天気というか、天然というかー少し抜けてるんです。ホルン様やリュート王子の庇護の元でかわいがられて大事に育てられるとこんな感じかな?と思ってのことですが、なんか頼りなくて大丈夫?そんなフルートがこの世界でしかも横にヴォーカルがいてどうなるんだろうか心配です。前フルートも成長してがんばりましたのでこの娘も成長してくれるだろうと期待しているのですがー 前フルに比べると芯が弱いというかへにゃへにゃ感でなんともなんですがーそこがかわいく思いまして皆さまにも見守ってほしいです。なんとかしてくれるのかなー? フルートがんばれー
そして前回も告知しましたが、続ハーメルンのバイオリン弾きの13巻の予約が始まりましたよ。それにあたりまして、恒例の原稿販売も始まりました。今回は11巻!サイザーの翼がなくなり、オカリナとワルキューレたちがドロローゾの町を彷徨いながら、ラースウッド軍、スラー聖鬼軍と戦うという物語で、今回はとても決め絵が多いです。これもよろしければ見てやってくださいね。ではでは、皆さま、お寒くなりましたので、お体、お心、ご自愛くださいね。    ではではまたまたミッチーでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/11/17

道明ブログ243です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?朝晩とだいぶ冷え込んできましたねー。こちらの方ではとうとうマイナス5度の日がありましたよ。地元の人はマイナス5度いかないと冬が来た気がしないといってますが、いよいよって感じですね。夏があれだけ熱くってついこの間だった感じなんで、速っ!!って思いますがもうすぐ12月ですものね。年末近づいてるなー。それと、年末といえば、続ハーメルンのバイオリン弾きの新刊が発売されますよ。今回の表紙カットはこんな感じのイラストです。
1375px
あのシーンを描いてみました。こーゆーの描きたくって書きたくって描きました。単行本の表紙には当然タイトルがありますが、このイラストにはタイトルは入れてません。仕方ないのですが、タイトルを入れるとシュエの顔が潰れて見えなくなるのでかわいそうなんでここだけでも出してあげました。後背景が違ってますよ。個人的には、大人ではやらない子供っぽいゲル姉の表情とヘルムの「じゃあね!}っていう感じが気に入ってます。サイザーは過去じゃなくて現代になってようやくこういう顔ができたんだなーライエルの横で、皆に囲まれて、、というイメージです。販売に当たりましてある事も検討中。何か決まりましたら、またお知らせいたしますね。  
 ではではまたまた、ミッチーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/01

道明ブログ242です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?朝晩の冷え込みが急に増し、今朝なんかはとうとうマイナス気温になりました。そして、私の住んでる所では紅葉が美しさがアップし、うっとり見ながら作画をしております。そんな中、声優の辻谷耕史さんがお亡くなりになりました。辻谷さんはTV版のアニメのハーメルンのバイオリン弾きのライエルの声を担当なさってくださいました。カッコよかったりとぼけたりと魅力ある声の方でした。最近、第三幕のサイザーの願望等でライエルを描いてたりしましたので、しみじみいたします。しかし、今年は自分の周りのお世話になっていた方や、創作に携わったり影響を受けた方々の訃報が多く、とても切ないです。ご冥福を祈ります。  
9
そして続ハーメルンのバイオリン弾き、64楽章できました。コレです。バラライカの用意した第三幕が終わり、それぞれの思惑が動き始めます。かって妖精の王が住んでいたという謎の時の鐘城を探し、新たなる妖精兵器を開発、陰謀深めつつあるグローリー帝国グロッケンシュプール卿。それに接近するスフォルツエンド軍のホルン女王、思慮深く第四幕を検証する夢の追い人クラーリィたち、渇き続けるヴォーカルと皆の心情はいかに?そしてとうとう再登場しましたヒロインフルート王女!!この役者たち、いったいどういう舞台を繰り広げるのでしょうか?よろしければ読んで見て下さいね。いやぁ、、満を持してどころかほったらかし状態で申し訳なかったフルートがようやく、ようやくです。コンアモーレの途中でドロップアウトですから面目次第もございませんが、実はこの話を考えていた時からフルートはこうしたい!と思っていまして、書き始めたら脳の中の暴走が止まりません。自分はつくづく、フルートが好きだったんだなーと思いました。しかし、今回のフルートは前作のスフォルツエンドの気高き血筋を得ているけど、赤ん坊の時、スタカット村に落とされ、野山で逞しく育った精神的にタフな少女ではなく、城の中で蝶よ花よと温室育ちしたお嬢様で、とても頼りなくとても弱いキャラです。そんな彼女がこの悪夢世界で、どう関わってどう成長するのか考え描いているとついニヤニヤしてしまうのです。そんな彼女が今後どうなるのか?その活躍を皆さまも見守ってやってくださいね。       ではではまたまたミッチーでした。     
64sinn72px

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/10/20

道明ブログ241です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?続けざまの大型台風にめげず大好きな紅葉シーズンに入ったというのに天気に嫌われ曇り空のぐづついた日が2週間以上続いてなかなか見ににいけませんが、その分作画を頑張っておりますよ。ただいま、冬に発売される続ハーメルンの13巻の製作をしながら、64話の作画をしております。単行本のページ調整をしながらもバラライカの第三幕を終えて、次のステージここまでは見せたい!というシーンまで書いていましたらなんと64話は大増量の50ページまでいってしまいました。調整で前後しそうですが、よろしければ読んで見て下さいね。いよいよそでにされていましたあの人が活躍いたしますよ。やはりその人描いてるととても楽しい!あんな事やこんな事いろいろ考えてしまいますー。それと12巻発売の特典原稿を完成させましてご依頼いただいた皆様に発送させていただきました。、その感想などもどしどし頂きましてとてもうれしいです。うーん描いたかいがありますー。ありがとうございますね。   ではではまたまた、ミッチーでした。 Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/01

道明ブログ240です。

どうも、道ブロです。お元気でしょうか?今年は大雨やら台風で災害が続いて、とても困りますが、そんな、秋雨前線の合間をぬいまして、東京の池袋から、巣鴨、谷中、上野山、秋葉原を通りまして、東京駅までウロウロと朝の5時から夜中まで山手線半周を歩いてきました。おもしろいですねー?。自分は町の移り変わりを見るのも大好物なので、江戸から昭和初期の商店街、そして近代の東京駅まで、とても楽しくテンションアゲアゲでガッンガッツン行きました。最近になって自分の趣味を顧みまして思いついたのですが。旅行やら山登りやら自転車、バイク、インライン、散歩等、好きな事に共通することにあるのに気づきました。それは「道」ですね。場所から場所へ、人、文化、遺物、建築物、集落、風景、自然と様々なものに触れて、イマジネーション、インスピレーションを磨きまくり、灌漑し、昇華し、感動を形にするのがとても楽しい!、自分の名前も「道明」だからそうなったのか、そうするのか?名は体を表す。ってやつなんでしょうかね。だからなのか、自分も漫画の中でキャラたちが歩いているのが好きでウロウロさせてますね。逆に困った弱点なのは「家の中が嫌い」ってことでして、一日中机に座ってなければいけない漫画家としては致命的ですねー。ソレなので最近、考えた技は、軽トラのなかでペン入れです。これだと旅気分で仕事ができていくら作業してても飽きず、肩腰こったらすこし散歩したりちょい移動したりして、仕事スピードもアップしました!一石100丁くらいで超楽しいです。何千ペ-ジもOKって感じです。どうしても部屋の机やパソコン使わなきゃいけないときだけ籠ってやってる感じですよ。そんな事しながらで、続ハーメルン63楽章できました。コレです。  
6372px_2
バラライカの悪夢世界、第三幕が終幕し、第4ステージに。コンアモーレの国民たちの死力を尽くせなかった抵抗、断罪の天秤でのサイザーとライエルの思い、深い闇を逝く者たち・・4つの願いを叶えて次なるステージで夢の追い人たちに用意された罠とはいったい?クラーリィたちはどうなるのでしょうか?ちょっっと、ありゃまーみたいなシーンも描いてしまいました。怒らないでよろしければ読んで見てやってくださいね。
そして、実はコレとは別に、とあるプロッジェクトを進行中です。まだ、内緒なのですが、そのうち、皆さまにご紹介できるかと思います。そっちも楽しくやっておりますよ。ちょっとお待ちくださいね。       ではでは、またまた、ミッチーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/16

道明ブログ239です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?秋雨前線が停滞して被災地に雨が降り、大阪の台風や北海道の地震など嫌な災害が続きますけど、、皆さまお体、健康にお気をつけて下さいね。さてさて、前々回のブログでも書きましたが、今回はその時言いました、「第三幕で,前ハーメルンのバイオリン弾きで、物語の中で、もっといろいろやりたかったキャラたち」についてお話します。それはサイザーの必殺技、精霊のワルキューレたちです。ワルキューレは北欧神話に出てくる魂を死地に送る9人の女神たちで、ワーグナーの戯曲ニューベルリンクの指輪にも出てきます。自分はその《ワルキューレの騎行曲》がかっちょよくて めっちゃ好きなんでサイザーの使い魔にしました。ただ、前ハーメルンでは戦闘アイテム的で、時折、ウエットなストーリー展開のガス抜き緩急のために、元気で、JK的なアホギャグをやる存在でしかなかったのですが、それも好きだったのですが、どうせだったら9人もいるし個人に性格を付けて一人一人活躍させたいナー!サイザーの横でただいいなりになっているのも寂しいし、従っているのも何か意味があるだろうなーと思い、誕生秘話からアイテムとしてではなくお友達として描きました。サイザーと幼い時から寄りそい、共に苦しみを分かち合い戦う感じにしたかったのです。第一皇女のゲルヒルデは9人の長女らしく責任感が強く姉妹のまとめ役、第二皇女のヘルムウィーゲはやや病んでる冷めた感じ、でもサイザーのために「まっいいか・・」で軽く命を投げ出します。第3皇女のワルトラウテ、ボーイッシュな見た目らしくガサツで気が強いワルQ一の武闘派力持ち、第4皇女のシュエルトライテ、おしゃれでおませで気どりやさん、第5皇女のオルトリンデ、クールで静かなタイプ、ガサツなワルと仲良く衝突してます。5人とも描いていてとても楽しかったです。そんな中で以外に活躍、わりとレギュラー化したのがワルトラウテ、ヴォーカルにイジメられてボコられて、そしてクラーリィに助けられてからは、乙女ハートが発始動中!何やら色々やってくれそうです。スラーの時もそうだったのですが、前の時と画風が違いをしみじみ感じますね。ワルQなんかデザイン自体そーとー変わってしまっているのもいますからね。前の方がいいという方もいると思いますが、私なりに今の技術で、スラーもワルQもかっこよく、かわいく描きたかったので、一生懸命やりました。自分では満足しています。そんな中、そのワルトラですがー、実は私の好きなあるアニメキャラをモデルにしています。その割りにぜんぜん似てませんけどね。この第三幕でワルトラを抜いた4人とはお別れですが、これから出てくる残りのワルQもとても濃ゆいですよー。楽しみにしていて下さいね。ちなみにメールでお返事いただきましたが、私も浜崎あゆみさんは好きですよ。HEAVENなんて今回のサイザーそのものですよね、「居場所がなかったー」なんて、、坂本真綾さんは続のコルネットのイメージですよ。いろいろ教えてくれてありがとう。さてさて いよいよ、次回からは第三幕で袖に振られていたあのキャラたちの出番かなー?新たなる展開!色々考えてますよー。239

ではでは、またまた、ミッチーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/01

道明ブログ238です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか? 八月も終わり、9月になりましたが、秋風が吹いてもまだまだ暑い日が続いておりますねー。厳しい暑さの季節でしたが、そんな折に、漫画家のさくらももこさんがお亡くなりになりました。さくらさんは、私と近い世代で、同じ時代を生き漫画を書いていた作家さんです。ちびまる子ちゃんの中でも、自分の子供の頃、そーゆー事やってたなーっていうの出来事や懐かしいヒーローたちが出てきたりしてしみじみしたりしました。そーゆう子供の頃の貴重な原風景や体験,感動を名作にする作家さんだったと思います。自分もそういうものが、大事なベースになっているタイプなので、とても切なく思います。ご冥福を祈ります。そして、私の世代の作家さんはけっこーいまして、名作大作を書いている方が多いのですが、私も今年そうだったのですが、何やら体に様々な異変が多くあり大変でした。若いころからガムシャラにひた向きにやってきてガタがきたり、無理がたたったりする時期なんでしょうかね?まだまだ、作品を発表してほしいので皆さまお体にお気をつけてくださいませ。  そんな折ですが、続ハメの62楽章ができましたよ。コレです。
6272px
この第三幕の終幕です。そして表紙は、このエピソードの出演者のみなさんたちですね。スラー博士や奥様、聖鬼軍の面々、そして妖精さんたちお疲れさまでしたね。復讐の果てにたどり着いた家族との昇天の舞踊、ダンスするスラー博士たち。最後まで足掻き,死に向かう弱き自分と戦い続けたサイザー。それを支えたオカリナ、ワルキューレたち、妖精の大樹のみんな、いよいよのフィナーレです。よろしければ読んで見て下さいね。 なんだかさくらももこさんの事もあり、近しい方たちの離別もあり、生きる死ぬがテーマだっただけにいろいろしみじみしたブログになりましたが、次回からは新展開です。いろいろ考えておりますよ。後、シェルの事も、カスタードくんも都合で気の毒なラストとなりましたが、何やらの形でまた描きたいと思ってますよ。カスタードくんなんか顔に矢がぶっ刺さったまんまでほったらかしになってしまっているので救済してあげたいです。(笑)

ではでは、またまた、ミッチーでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/08/15

道明ブログ237です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか? お盆ですねー。今年は私にとって、とても大切で 助けてもらってお世話になった方たちが続けてお亡くなりになる事がありまして、とてもしみじみとしております。落ち着いたらお墓参りに行こうと思ってますよ。
さてさて、そんな折ですが、ただいま 続ハーメルンの新シリーズ第4幕目の製作をしております。今後の展開もいろいろと考えていまして、三幕で出なかったあのキャラたちもいよいよ始動で、どしどし出していきますよ。皆さまのご期待に応えられるようがんばりますね。    そして、第三幕は次の62楽章でフィナーレです。もうすぐ終わるので 今、ようやくお話ししますが・・(ネタバレ感がありますので本編まだ読んでない方で、これからの方は読まないでくださいね。)この第三幕シリーズは,前ハーメルンのバイオリン弾きで、物語の中でかわいそうなキャラたちや、もっといろいろやりたかったキャラたちに再び焦点を当てたくて書いていました。 スラー共和国がそのひとつです。ストーリー展開的にあっさりやられてしまい、サイザーの存在感、過去を浮き彫りにするテーマ上あまり注目させられず、書き込めなかったのですが、特殊な家族だし、実際、満足できないで主義主張もあったろうなーと思い、それにサイザーの心の底のわだかまりを被せて 深い闇を逝く者の一人として描いてみました。 パンドラの箱の使い方 サイザーの企みを悟り 譲る形でこの世を去った前作のスラー博士。息子たちを機械兵器に改造するほどだから、深い信念を持っていて、でも歪だけど強い愛のあった家族関係だったんじゃないのかな? そして本心は決して満足していない。精神の底では苦しんでいる。持病があったようですが、無理矢理死に向かったくらいですからね。サイザーの心を抉れとばかり叫び続けるスラー博士の雄たけびは描いていてとても辛く、読む人も嫌だったろうけど、足掻き続けたからこそ,心の悲しい思いを 後の世で家族が受け取ってくれる。届くんじゃないのかなーなんて考えながら拙い技術でしたけど書いてきました。 
私の現在の心境に合わさる感じでして、なんかとても切ないですが、スラー博士、スラーの皆さん心からご冥福を祈ります。安らかにお眠りくださいませ。    
次回はもっといろいろやりたかったキャラたちについて書きますね。               ではでは、またまた、ミッチーでした。
237

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018/08/03

道明ブログ236です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?最近の天候は記録的な猛暑とか、観測史上類を見ない豪雨とか、とにかく恐ろしいモノばかりです。西日本を襲った集中豪雨なんかもかなりひどいです。皆さまのお住まいの場所は大丈夫ですか?お体を御自愛下さって安全でいる事を祈ります。格夕私も、被害にあわれた方に比べたら大したことはありませんが、変則台風で飛んできた杭が車の後ろの窓に当たり、貫通して割れてしまいました。うーんあんな事あるんですね。まさに想定外の台風でした。何か今年は、体のあちこち変で、左手が謎の腫れ方して野球のグローブみたいになったり、持病が悪化して手術したり、左足骨折したり、歯が抜けたり、治って安心してたら、車壊れたりと、さんざんで、一言でいえば、「一難去ってまた一難」がスローガンで、何じゃ?こりゃ?祟られてるのか?って感じで、そーいや正月に神社でおみくじ引いたら、半吉って出て、ナニコレ?吉に半分ってあるの?小吉より小さくて、吉の半分でギリギリ凶じゃないんかい?とか思いましたが、でも、なにくそ負けへんぞー。見せてあげよう底力!!来るならかかってこいやー精神でいるので大丈夫です。がんばりますよ。さてさて、そんな矢先にできました。続ハーメルン61楽章、コレです。     
6172px
 
スラー博士により骨針を打ち込まれ、操られて天秤をブン回し、守るクラーリィたちを襲う罪人ヴォーカル。魔族最強の男が復讐の鬼と化した元スラー王の道具と化し、サイザーの首を狙う。己に与えられた屈辱を果たしに、すべての首を並べて最高の美酒で一杯やるためにー。さてさて、皆の運命はいかに!?いよいよ押し迫った第三幕、断罪の天秤編クライマックス!!よろしければ読んで見て下さいね。ではでは、またまた、ミッチーでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«道明ブログ235です。