道明ブログ273です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?11月に入って雨の時期が終わったのか空気がヒンヤリしてきて、紅葉の葉もハラハラと落ちてきまして何やら物悲しい季節になりました。センチになるといえば、ただいまのフルートの状況もとても物悲しい事になっております。今、リュートの知らなかった記憶の中、惑い(マドイ)で隠されていた現実と向き合い、あまりの真実に涙しています。フルートは本来は、明るく、ハーメルのアホないじめにもめげず、笑顔が気持ちよく、人の心を受け止めてくれる優しい子です。そんなフルートがこのマドイでリュートの満足していないカケラを拾ってくれる事を祈りながら描いています。ですが悲しい顔ばかりなので自分もとても切なくなるのです。 ちょっと話がそれるのですが、、皆さまから「こんな曲がいいですよ」とか紹介してくれたりします。それはクラッシックや洋楽やJPOPやら様々なのですが、、自分が、THE YELLOW MONKEY好きだというと、「この曲、ハーメルたちに合います」とか、今リュートを振り返って書いていますと、Gackt がイメージですよ。とか、聞くとなるほど!って感じだったり、HYDEなんかめっちゃファン何ですが「魔界軍王のベースっぽい」とか紹介されますと、そうそうその通り!!とか思ってたりします。そして、皆様にばかり紹介されているので、自分もハーメルンの中でこの曲誰々っぽいな、と思うものがいろいろあリますのでお伝えしようと思います。それがただいま言いましたフルートのイメージの曲なのです。古い曲なのですが、ゴーバンズの「8月のdiary」という曲です。ゴーバンズは明るく楽しい曲が多くて森若さんのパワフルで軽快でコミカル声はハーメルンのイメージでして、TVアニメは内容が自分のものと違ったのですが、原作と同じだったら、OPは「ざまあカンカンTVショー」にしてほしかったなーとか、EDは「プリマドンナはお好き」にしてほしかったなー、とか、歌詞の「ねぇ、生命線が短いの私、今のうち会いにいかなきゃ、イエイイエイイエイイエイイエー」で、フルートはハーメルのバイオリンで踊らされまくらないかなーって思ってたりしてました。歌もリズムも歌詞もとにかく素晴らしいのですが、その「8月のdiary」は明るい曲とは違ってしっとりしたバラードでして、歌詞がとにかくフルートの心のイメージっぽい!!「笑う事もいつか覚えたけど、、私の影、別の人みたいね、、」で最早釘付け、「ずっと遠い空を見ていた日は、きっと、涙だって素直に輝いた、きっと、、」からはもう自分の中であああっフルートです。コレ!!って感じでして「ラブソング彼方の歌うラブソング~」はそりゃもうハーメルのバイオリンですわ。「誰にだってこんな日もあるわ、私だって特別じゃないから、きっと」は、ハーメルを治せず苦悩するフルートで、「時計を巻きもどさずに~」や「彷徨うけれどもう振り返らない」は時の鐘城でリュートのマドイを振り返ってる事や北の都へのハーメルへの反語って感じです。今、続ハーメルンを制作しながらこの曲聞いて泣きながらペン入れしておりますよ。皆様も機会がありましたらご視聴してみて下さいね。頭の中で、ネットに上がってる皆様の上手なイラスト等をこの歌詞のところかな?ってイメージしたり、アニメにしたりして動かしてまーす。暇があったら自作できるのにー。     それでは、またまたミッチーでした。  
3144px_20191118100601

| | コメント (0)

2019/11/02

道明ブログ272です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?雨ばかりどころか、観測史上類を見ない大雨ばかりで、ちっとも秋晴れのない10月が終わりました。これ以降はいい天気になるといいですね。自分の所も道路が陥没したり、停電もしました。知り合いのなし農家の方もハーメルン読んで下さっているりんご農家の方も大変だったと思います。皆さまご自愛下さいね。そんな中ですが、続ハーメルン74楽章できました。これです。
4_20191102093401

誤解を受けたリュート王子の攻撃を回避した矢先、黒いサイザーに襲われるクラーリィたち、なんとか倒すも、非常のためのDNAバックアップされていたサイザー、ベースjr版にサイザーが変化し復活、再びクラーリィを襲います。一方、時の鐘城に落ちたフルートは案内人の猫、ベルに、回復魔法が完ぺきではない事を指摘され、課題をクリアするようにいわれます。そんな矢先にクラーリィとけんかし別れたフルート姫が堕ちてきてフルートと衝突!「現実世界のフルートは自分たち夢の世界を滅ぼす存在だ!」とにじり寄ります。もつれた二人が開けた扉の中では、リュート王子が冥法軍に槍で串刺しとされているあの場面が???迷宮のなかの謎の迷宮、時の鐘城でフルートたちが見るものとは!!? よろしければ、読んでみてくださいね。その謎ネコ、ベル、塗ってみました。中世のフランス軍みたいなカッコですね。果たしてこのネコ、フルートたちにとって、物語を、爪で引っ掻き回すチェシャ猫なのか?主人を幸せに導く長靴をはいた猫なのか?どちらでしょうかね?課題っていったいなんなのでしょうか?ちなみにうちの居候ネコ、イソベくんとエドガイくんは玄関の日の当たるいいとこで仲良く昼寝中です。普段は近寄ると逃げて、魚を持ってくと寄ってきます。ではではまたまた、ミッチーでした。

 

| | コメント (0)

2019/10/18

道明ブログ271です。

; どうも道ブロです。お元気でしょうか?凄まじい台風が日本列島を襲いましたが、皆様のお家は大丈夫でしたか?被害の状況をニュースでも伝えておりますが、本当にヒドイですね。各地の川は氾濫し、濁流で湖みたいになるし家流されたり車ひっくり返ったり土砂崩れで集落埋まったりで大変な事です。お亡くなりになった方や被害に合われている方がたに心痛みます。私の方も、家の近くで、道路が陥没して通れなくなった箇所が5か所あったり、停電が4日続きました。デジタル作業ができなくて、ろうそくの明かりでペン入れしまして、ちょっと宮沢賢治気分になりましたが、電気が復旧して部屋が明るくなったときは、文明ってありがたいものだなー、と痛感しました。皆様もご無事であることを祈ります。そんな宮沢賢治状態で作画したのがこれですよBlog2。  

暗い中で暗い所の絵を描いていました。リュート王子もフルートも何やら大変そうですが、こちらも週末また大雨になるようですね。困ったものです。皆さまお体にお気を付けくださいね。困ったものといえば消費税が10%に上がりましたね。弱り目に祟り目ですね。心配して下さる方がおり感謝感謝です。出版関係の方はみな困っているようですが、とりあえずはがんばってやってますよ。ありがとうございましね。それではまたまた、ミッチーでした。皆さま災害お気を付けください。

| | コメント (0)

2019/10/04

道明ブログ270です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか? 昼間は暑かったりしますが、朝晩は冷え込んできましたねー。うちの住んでるところではこの間は8度という日がありました。いつの間にやら秋が深まってきましたねー。季節の変わり目、暑かったり寒かったり、体調の変化にご注意くださいませ。台風被害の地区の方々、お元気でいてくださいね。自分も千葉出身でして、何人かの知り合いの梨農家の方が大変な被害にあられてます。どうかご自愛ください。そして、私ですが、続ハーメルン73楽章ができました。コレです。3144px

リュート王子に誤解を受けながら、弁解も許されず、ただただその攻撃魔法を苦しみながら受け続けるしかないクラーリィ。どうしていいかわからず、救うためにパンドラの箱を起動し、王子を吸い込んでしまったフルート姫。混沌を深めてゆく迷宮都市アカペーラ、その落とし穴に落ち、はぐれてしまったフルートは闇底に謎の尖塔の城に遭遇します。それこそが、かって、この悪夢世界では、大魔王ケストラーが封印され、妖精王が誕生したという伝説の地・・時の鐘城。深まってゆく闇底で彼ら彼女らはどうなるのでしょうね?よろしければ読んでやってくださいね。カラー表紙には、あのファミリーを見つめるクラーリィたちが加わりました。あのシーンの再現ですね。クラーリィの幼馴染のクルーセイダーズガールズたちも再登場。まさか彼女らをデジタル塗りする事になると思っていませんでした。ちなみに、真に申し訳ございませんが、前回ラストに登場した謎のネコキャラですが、、今回登場するにあたり、まるっきりコスチュームを変えてしまいました。すいませんです。なんも考えないでイメージだけで描いてみたら、某有名ジ〇リ映画のあのネコキャラにえらい似ていて申し訳なかったので描き変える事にしました。自分的には、その某バ〇ンとか、不思議な国のアリスのチェシャ猫とか、怪しい国へのいざない人は、神秘的なネコなのかなー?と思いまして描いたまでですが、ちなみにうちにも猫がいまして、飼っているわけではないのですが、どっからか来て勝手に住みついてます。まあ、その猫の話はまたいたしますね。  ではでは、またまたミッチーでした。

| | コメント (0)

2019/09/18

道明269です

どうも道ブロです。お元気でしょうか? 9月も半ばとなり、台風などで被害が出ている地域などもありますが、皆様は大丈夫でしょうか?ご無事を願います。その9月ですが、11日、あることを思い鎮魂の思いで山に登りました。その日はあのクレヨンしんちゃんの作者の臼井 儀人さんの御命日でして、国民的漫画でお亡くなりになったのも山から滑落という大変ショッキングな事件だったのでご存じの方も多いでしょうが、臼井さんも登山が大好きな方のようでして、山登りながらしんちゃんをあーしたいこーしたいなどと考えていたんだろうなーと思います。亡くなられた荒船山という場所も私の住む所から近い事もあり、何回も登っています。あの頂きに向かって合掌しました。ちょうど10年前なんですね。しかも亡くなられた年齢がたまたま今のわたしと同い年でした。さくらもも子さんもそうですが、とてもしみじみいたしますね。今でもこれからも多くの皆様に愛される名作の産みの親・・安らかにお眠りください。そして、こちらですが、、

 

Photo_20190918152201

14巻特典の見開き原稿です。御購入御して下さった方が匿名で載せてほしいという事で発表しました。ご希望の内容がすごい!!ドラムに捕らわれたフルートが反魂の法で下半身は蛇、体中に無数の竜を宿した魔竜エキドナになるという、、それでも捕らわれた魂は屈しないように抵抗し続けているというスグレモノ。とんでもないアイデアですね。ぜんぜん思いもつきませんでした。キャラも物語も新たなる可能性を感じました。見開きはダイナミックだしとても楽しく描けました。ドラムはめんどくさいけどシャーマン戦車みたいで好きですよ。○○さん!つなぎ目がちょいと変になっちゃいましてどうもすいません。最近何故だかドラムブログDAY、そろそろ本編でも活躍させようかな?冥界プリンスだけじゃなくー それでは、またまたミッチーでした。

| | コメント (3)

2019/09/02

道明ブログ268です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?暑さも一息ついて涼しい秋となり、過ごしやすく落ち着いた日々になってほしいのですが、どうでしょうかね?大雨降っているところもあり、皆さまご用心してくださいね。私は8月は特典の事も含め、いろいろな事をやっていました。なんとか落ち着いて9月は自分のペースで進めたいですね。後、無理矢理ごーいんに北アルプスを日帰り縦走してきました。田中陽輝さんみたいですね。梅雨明け2週間に行ってきたのですが、天気は悪く、雲の中でほとんど何にも見えませんでした。予報では晴れるはずだったのにねー。今年の夏はそんなのばかりで外れ年だと小屋の人もいってました。シクシク悔しいので9月にまたチャレンジしてこようかな?なんて思ってますよ。そんなこんなですが、続ハーメルン72楽章できました。これです。

 

2_20190824175401

表紙にホルン様が追加されました。あの時のシーンですね。砕けていくリュート王子と消えてゆくホルン女王・・カラーで描きたかったのでやってみました。楽しかったです。前のハーメルで気に入ったシーンをカラー表紙で描いていくのもしみじみしていいかもしれませんね。そしてただいまの展開、地下迷宮都市アカペーラで彷徨うクラーリィとフルート、今の悪夢世界の現状と自分自身の心の深みが見えず悩んでいるフルートが迷宮の落とし穴に落ちクラーリィと離れます。そんな矢先にトロンが愚かな女の操作戦を敢行し、魔族が現れその魔族を倒し、再び登場したのがリュート王子!!アホで余計な事して更なる誤解を受け怒りのメキドの炎を燃やしクラーリィを襲います。さてさてどうなるのでしょうか?よろしければ読んでみてくださいね。これからはハーフル強化年間、、といっていたのですが、フルート強化月間でした。フルートに押し寄せる試練とはいったい? ではではまたまたミッチーでした。

| | コメント (1)

2019/08/24

道明ブログ267です。

どうもミッチーです。お元気でしょうか?ただいま前、続、ハーメルン単行本総合50巻記念の特典用トランプを作っております。今まで描きましたイラスト等を入れて絵札を制作しているのですがー何せトランプって♡♧♦♠♦と4種類にかける13にジョーカーとかなりありまして、ちょっとしたイラスト集ですね。しかもなるべくキャラを登場させようと試みたら意外に描いていないキャラが何人かいまして、ソレ用に書き下ろしたりしなくてはならなくなり少々めんどくさいことになっておりますよ。描いてなかったという事はあまり描きたくなかったという事なのでそいつには悪いのですが描いているとげんなりしたりしてます。ソレの一人がこいつですね。好きな人はすいませんです。まあ、描くのがめんどくさいだけで嫌いじゃないんですよ。なんか戦車みたいでかっこいいですし、そんなこんなですがトランプおもしろくなりそうです。アメリカの大統領はおもしろくありませんが、、オーボウ券送ってくださった方当たるとよいですね。ではでは、ミッチーでした。

Photo_20190824171601

 

| | コメント (1)

2019/08/16

道明ブログ265です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか? ただいま続ハーメルン14巻の特典原稿を制作しております。特典原稿を購入して下さいました方には失礼なのですが、その一部を載せさせて頂きました。どれが自分のご要望のものかなんとなくわかりますかね?こうやって見てもけっこうバラエティに富んでて描いていて楽しかったです。皆さまいろんなハーメルンへの愛情をお持ちになられているんだなーと、とても嬉しかったです。今回は見開きという特典も致しましたが、自分で思いましたが、一枚イラストの倍で迫力あるなー、シーンを切り取った形の物語性は存在感がえらいアップしてましてとてもおもしろかったです。ゴージャスですかねー。外伝やミニ同人誌描いてるみたいな気になりました。特典をやってて思った事は、私が続ハーメルンで「フルート強化年間!!」とう謳ったせいなのかフルートへのご注文が多いなーとか、意外なキャラをいっぱい描くことになったなー(ドラムとか)そしてリュート、オカリナはやはり不動の人気キャラだなーとか思いました。この後、背景等を入れて、仕上げをしまして、今月中には皆様のお手元に届得られるようがんばりますね。お待ちくださいませ。それではまたまたミッチーでした。暑い日が続くようです。お体に気を付けてお過ごしくださいね。

Photo_20190816045802

| | コメント (0)

2019/08/01

道明ブログ264です。

どうも道ブロです。お元気でしょうか?梅雨が明けまして熱い夏が始まりましたねー。今年の関東甲信越はとても梅雨らしい梅雨で、7月中はおひさまはまるで拝めず、ひたすら雨ばかりで嫌になってしまう7月でした。そんな気候のせいか京都アニメでおかしな事件(お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りしますとともに、ご遺族ならびに関係者の皆さまに心よりお悔やみを申し上げます。)があったりもして、それに関して思うこともあり、ブログを上げようとしましたら、騙しだまし使用していたパソコンが等々クラッシュしてしまいました。なんか3年くらいしかまともに動かなくて、読み込みがおかしかったり、データー飛んだり、バグりまくったり、ファンが動かなくなったり、挙句マザーボードがいかれて4年くらいで死にました。、外れパソコンでしたね。ウインドウズ10、シクシクちきしょう。ちなみにこのブログは新しいパソコンで打っています。今度はもちっと長く持ってほしいものですね。これも10ですが、、そんな外れパソコンで仕上げました最後の作品ができました。これです。

 

Jpeg144

 続ハーメルンのバイオリン弾き71楽章です。表紙はあの時の絵をイメージしてカラーにしたいなーと思い描いてみました。       フリーズの運命の星で、三人の体に分かれてしまったフルート、姫、赤ちゃんたち、そしてばらばらに更なる地の底に落ちたクラーリィや、リュート王子、フルートを魔王の花嫁へと狙うサイザーたち。現実世界のフルートはクラーリィと接触し、それを。許せない恋心的に情緒不安定でパンドラの箱という爆弾を抱えたフルート姫。それを臆してひそかに謎の作戦を遂行するグロッケン卿のグローリー帝国。様々な思惑に、余計な事しおってからに、が絡まり、混沌を深めてゆく迷宮都市アーカペラ、さてさて、クラーリィたちは脱出できるのか?それとも彷徨い続けるのか?よろしければ読んでみて下さいね。それと今回のファンクラブ特典ご応募頂いた皆様ありがとうございました。ご要望も届きまして皆様の内容も確認しております。意外な発想で「このような形でキャラを愛して下さっているのかー」と思いつかなかったイメージのものも多くて描くのが楽しみです。そちらもご期待に応えられるように作画をいたしますね。 それでは、またまた、パソコンも新しくなったのでそちらでお伝えします。ミッチーでした。

| | コメント (1)

2019/07/02

道明ブログ263です。

どうも道ブロです。もやもやしたいやーな天気が続きますが皆様お元気でしょうか? そんな中、今回のFCご入会や特典に応募してくださった皆様ありがとうございました。皆様の応援とても助かります。今年もがんばってミッチー作品書かせて頂きますね。特典の方も、早速皆様のご要望取り入れまして作画させていただきますね。お手元につくのは少々時間がかかると思いますがしばしの間お待ち下さいませ。

続ハーメルン70楽章ができました。コレです。 

70_20190623163701

 

 

カラー表紙の上の方にホルン様とピロロ、グロッケン卿たちが参加しました。これで今回のシリーズの配役が揃ったようでして付け足しが終わりましたかね。フリーズの不気味な予言通り3つの体に解れて地下都市アーカペラの闇に落ちていったフルート王女たちと、北の都に連れていき魔王ハーメルの嫁にしようと企むベースjrの命令で動く黒いサイザー、このアーカペラにバラライカの第4幕の問いがあるとそれを見出そうとするクラーリィたち、そのクラーリィたちは自分たちを裏切り魔界軍に寝返っていて許せないリュートたち。様々な思惑を胸に、彼ら彼女らは迷宮でどう迷い、そして脱出できるのでしょうか!?よろしければ読んで見てくださいね。前回のライエルの外伝等でハーメルがフルートへの心の底を明かしたようにこれからもストーリー気になる処どんどん突き詰めていこうと思ってますよー。そしてついに体が解れた事で発生した現世界のフルート。夢の世界で育ったもうひとつの可能性のフルート王女はいたのですがーやっぱり元祖フルートは頼りになりますねー描いていてとても頼もしくて楽しいです。自分が考えている以上の事をしゃべってくれたりしちゃて行動します。確かなものが掴みづらいこの世界の中で本当にホットさせてくれますね。この後も活躍してくれると信じてますよ。ではでは、またまたミッチーでした。

| | コメント (2)

«道明ブログ262です。